仕事・転職

仕事の集中力が続かない原因や切れたときの対処法!っていうか、その仕事ホントに向いてます?

  • 仕事で集中力が続かずすぐに他のことを考えてしまう
  • 仕事がいっこうに進まない

などという悩みを抱えている人も多いと思います。

仕事に集中できないと生産性が落ち、ますます仕事が溜まってしまいますよね。

でも、工夫をすることで仕事の集中力を高めることができます。

仕事の集中力が落ちた時に仮眠を取ったり、普段の生活習慣を見直したりすることで、集中力を高めることができるのです。

そこで、なぜ集中力が落ちてしまうのか、集中力を高めるためにはどうすればよいのかについて詳しくご説明したいと思います。

ここでご紹介する方法を試せば、仕事の集中力が持続するようになるはずです。

主要転職・就職サービス 公式HP

doda

  • 転職サイト・エージェント
  • 満足度NO.1の求人サイト
  • 自分を活かせる職場を発見
  • 機能、求人数が多数
公式

就職Shop

  • リクルートの転職支援サービス
  • フリーター・就業未経験が対象
  • 全国10拠点に店舗あり
  • 8,500社以上の企業から求人紹介
  • 面接の練習を通じて、内定までサポート
公式

仕事の集中力は数時間が限界!

仕事を続けるための集中力は、実は数時間が限界ということをご存知でしょうか?

仕事に集中できる時間は人によって異なり、1時間しか集中できないという人もいれば、3時間続けて集中できるという人もいます。

集中力が持続する時間は人によって様々ですが、一気に同じ仕事を続けるのは数時間が限界という人がほとんどでしょう。

集中力を高めて何時間も仕事ができたとしても、その後に疲れた体や頭を休める必要があります。

ですから、一日に集中して仕事ができる時間は決まっているのです。

もちろん、その日の身体のコンディションやモチベーションによっても、集中できる時間は変わります。

今日は調子いいなという日は何時間たっても集中力が途切れませんが、調子が悪かったりやる気が出なかったりするとすぐに集中力が切れてしまう時もあります。

あなたが集中して仕事ができる時間は何時間くらいでしょうか?

自分が集中力を持続できる時間がどれくらいかを知っておくことで、効率良く集中力を回復させながら仕事を効率良く進めることができるでしょう。

仕事に集中したいのに他の事を考えてしまう原因は?

今日中に終わらせなければならない仕事があるのに仕事に集中できない、なぜか他のことに気を取られてしまうということは良くあります。

でも、それはなぜなのでしょうか?仕事に集中できない原因について考えてみましょう。

余計なものが目に入ってしまう

仕事環境に問題があるため仕事に集中できないということがあります。

机の上に雑誌やお菓子などが置いてあると、ついそちらに目が行ってしまいます。

雑誌を何となく手に取ってしまうお菓子をつまんでしまうなど、机の上にある余計なもののために集中力が途切れてしまうのです。

また、机の上が雑然としていて片付いていなかったり、ゴミやほこりが溜まっていたりすると、つい掃除を始めてしまうなどということもあります。

仕事がしたくないという気持ちから、現実逃避が始まってしまうのです。

このようなことが起こらないように、仕事をする机の上や周りは日ごろからすっきりと片付けておきましょう。

目に余計なものが入ってしまわないように綺麗に片付けておくだけでも、集中力を高めることにつながります。

その仕事に飽きた

いくら集中して仕事をしていても、その仕事に飽きてしまうこともあります。

延々同じ作業を繰り返していると、つまらなくなり目先を変えたいと考えてしまうのは仕方のないことです。

そんな時には、仕事に飽きてしまわないように、他の種類の仕事に順番に手を付けていくという方法もあります。

集中して書類を作成する仕事をしばらく続けたら、席を離れて同僚とちょっと打ち合わせをするなど、気分を変えながら仕事をすることをおすすめします。

そうすることで、集中力を途切れさせることなく仕事を続けられるでしょう。

集中力が持続する時間が過ぎた

上記でもお話ししましたが集中力が続く時間は決まっており、その時間が過ぎれば誰だって仕事をする気がなくなるものです。

集中力が持続する時間が過ぎたら、休憩が必要です。

コーヒーを飲んで甘いものをちょっと食べたり、軽く体操をしてリフレッシュしたりして、疲れた体や頭を休めましょう。

ランチタイムにご飯を食べた後、仮眠を取ることもおすすめです。

15分~30分ほど仮眠をとると、すっきりとしてまた仕事を頑張れるようになるのです。

タイマーをかけて仮眠を取れば、寝過ごしてしまうのを防ぐこともできます。

集中力が切れたら休憩を挟んで仕事をするというサイクルを続ければ、集中力を回復しながら一定のペースで仕事を続けることができるでしょう。

もともと疲れが溜まっている

休憩を仕事の途中に取ったり仕事を変えて目先を変えたりしても、どうしても集中力が続かないことがあります。

この場合、もともと体に疲れが溜まっているのかもしれません。

日頃から仕事のストレスを溜めていてよく眠れていない、残業続きで疲れているなどという場合、集中力が低下しがちです。

休暇を取って体をしっかりと休めることで、本来の集中力を取り戻すことができるでしょう。

集中力を高めるための方法!トレーニングできる?

集中力は高めることができるのでしょうか?集中力を高めることができれば、仕事の効率がアップしますから、ぜひ試してみたいものですね。

日ごろのトレーニングで、仕事への集中力を高める方法について見てみましょう。

オンとオフを切り替えられるようにする

すでにご説明しましたが、集中力はいつまでも続くものではなく、適度に休憩しながら仕事を進める必要があります。

その際には、集中すると決めたらしっかりと集中して仕事をする、集中力が切れたと思ったらしっかりと休憩することが大事です。

そして、休憩時には、仕事から離れて休憩する必要があります。

忙しい人の中には、ランチタイムやコーヒータイムの時にも資料を持ち込んで仕事のことを考えている人もいるかもしれません。

しかし、それでは休憩を取っていることにはならず、しっかりと体と頭を休めることができないので、集中力が戻らないでしょう。

休憩すると決めたら時間を決めてしっかりと休憩し、体と頭をリフレッシュさせてからまた仕事に戻りましょう。

このように、オンとオフをきっちりと切り替えることで、集中力を高めることが可能です。

日ごろから質の良い睡眠をとる

集中力を高めるためには、普段の睡眠も大事です。

寝不足だったり、逆に、ダラダラと寝すぎて睡眠の質が悪かったりすると、体の疲れがしっかりと取れないことがあります。

そんな質の悪い睡眠を続けていると知らず知らずのうちに体に疲れが溜まり、集中力が低下します。

そうならないためにも、毎日しっかりと質の良い睡眠をとり、体調を万全にするように心がけましょう。

軽く運動をする

軽い運動を仕事の合間にすることで、意外とリフレッシュできて集中力を保つことが可能です。

特に、パソコンを使っていつも同じ姿勢で仕事をしている人や立ち仕事の人に、効果的です。

肩や首、体にコリが溜まると血行が悪くなり、イライラし始めます。

すると集中力が大幅に低下し、仕事を続けることができなくなってしまいます。

そうならないためにも、仕事中に適度に体を動かしましょう。

休憩時には自席に座ったまま休憩を取るのではなく、休憩室に移動したりコーヒーを買いに行ったりすることで体を動かすこともできます。

軽くウォーキングすることでも体のコリがほぐれますから、休憩時に別の場所に移動するのはとても効果的です。

肩や首、手首や足首を回したり体をひねったりして全身をストレッチするのも良いでしょう。

集中力が切れそうになったら、適度に体を動かしてリフレッシュしてください。

っていうか、その仕事ホントにあなたに向いてます?

オンとオフを切り替えたり日ごろからしっかりと睡眠を取ったりと、いろいろな対応をしても仕事への集中力が続かなかった場合、もしかしたらその仕事があなたに向いていないという可能性もあります。

  • 仕事に集中しようとしてもすぐに他のことを考えてしまう
  • どうしても仕事に入り込んで行けない

というのであれば、仕事があなたに合っていないのかもしれません。

その場合は、自分に向いている仕事は何なのか、どんな仕事がしたいのかを、じっくり考えてみる必要があるでしょう。

自分に向いていて興味がある仕事に転職すれば、もしかしたら集中力を持って取り組めるかもしれません。

まとめ

仕事の集中力が続かない場合の、対処法についてお話してきました。

集中力が続く時間には限りがあります。

自分の集中力はどれくらい続くのかを知り、集中力が切れたら適度に休憩を挟みましょう。

また、仕事内容を変えて気分を変えたり、机の上を整理して気が散らない職場環境を整えたりするのも効果的です。

それでも集中力が続かない場合は、もしかしたら体や頭が疲れているのかもしれません。

休暇を取ってリフレッシュすることで、集中力が戻るでしょう。

もし、あらゆる手段を試しても集中力が続かない場合、そもそも、その仕事があなたに向いていないのかもしれません。

その時には、自分はどんな仕事をしたいのか、どんな仕事が向いているのかを考えて、転職を考える必要があるのではないでしょうか。

 

リクルートの最新転職サービス「就職Shop」

就職Shopはリクルートが運営する、若者向け就職支援サービスです。

リクルートの就職SHOPのおすすめポイント
  • 書類選考なしで簡単就職!
  • 都内なら直接相談可能
  • 正社員転職で高定着率
  • 8,500社以上の求人を紹介
  • 模擬面接&内定までサポート!
求人数 [star rate=”3″]
職種の種類 [star rate=”4.5″]
転職サポート [star rate=”5″]
総合評価 [star rate=”4″]

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ