仕事・転職

仕事で人間関係は我慢すべき?ストレスで辛い時に試す『いい人』の辞め方

仕事での人間関係がつらすぎてストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

でも、人間関係での悩みは、あなたの考え方次第で軽減することが可能です。

もし、あなたが職場で「いい人」を演じることでストレスを溜めているのであれば、「いい人」を辞めることでストレスを軽減することができるのです。

ここでは、「いい人」であることを辞め、人間関係を我慢せずにストレスを軽減するための考え方についてご紹介したいと思います。

これを読めば、「いい人」であることを辞めて人間関係の悩みを減らすことができ、働きやすい職場に変えることができるでしょう。

仕事で人間関係は我慢すべき?

そもそも、仕事での人間関係は我慢すべきことなのでしょうか?

もちろん、我慢すべきかどうかはケースバイケースですから、一概には言えません。

そこで、ここではこれを守っていれば、基本的には理不尽な人間関係を我慢する必要はないという二つの事柄についてお話しします。

ただし、重要な顧客や話が通じない上司から、理不尽な扱いを受けるなどの例外もあります。

このような例外はありますが、基本的にはこの二つを守れば必要以上に人間関係を我慢しなくても良いということをご説明しましょう。

人としての礼儀を守っているか

どんな人間関係でも、人としての礼儀を忘れるべきではありません。

相手がどんなに理不尽な対応をしてきたとしても、礼儀を守ったうえで対処すべきです。

そうしないと、理不尽な相手と同じ土俵に立ってしまうことになります。

挨拶をする、その都度感謝の気持ちや謝罪の気持ちを表すなどという行為を通して、相手に対する礼儀は必ず守っておく必要があります。

仕事で成果を出しているか

基本的に、その人なりに仕事で成果を出していれば、変にいい人を演じて周りに気を遣いすぎてストレスを感じる必要はありません。

仕事を完遂させるために、周りにNOと主張する、時には嫌われる役回りになるということもあるはずだからです。

もちろん、仕事で成果を出しているからと言って礼儀を忘れてはいけません。

この二つの要素は常にセットで守るべきものです。

人としての礼儀を守り、仕事で成果を出す、この二つがセットで出来ていたとしても、人間関係を我慢すべきことも、もちろんあります。

どんなに仕事で成果を出しても性格の悪い上司からにらまれる、怒らせることができない大事な顧客から理不尽な要求をされるなどです。

しかし、そのようなシチュエーションがあまりに多い場合は、転職も考慮に入れる必要があるかもしれません。

職場での人間関係は自分を追い詰める

人間関係はどんな職場にも存在するものですから、その人間関係が悪いと自分を追い詰めてしまいます。

人間関係には、自分や相手に明らかに非があることで悪化するだけでなく、お互いの関係性によって良くも悪くもなります。

まず、自分や相手に明らかに非がある場合、構造自体は簡単です。

自分に非があるならば改める必要があります。

相手に非がある場合とは、例えば、パワハラ上司から無理な要求をされる、いじわるな同僚に仕事の邪魔をされるなどということです。

このような職場で働いていると、ストレスがたまるのも無理はありません。

この場合、相手に改めてもらうのは難しいですが、周りに助けを求める、関わらないようにするなど対処の仕様はあります。

また、場合によっては転職という手段もあるでしょう。

ところが、自分にも相手にも特に非がないのに、人間関係が悪化する場合はやっかいです。

ちょっとした感情のもつれや勘違いなどから悪化してしまうなどと言うこともありますが、よくあるのが「いい人」を演じることで相手を冗長させてしまうケースです。

人間だれしも人から嫌われたくないので、「いい人」を演じることがあります。

それ自体は悪いことではありませんが、度が過ぎるとストレスが溜まってしまう危険があります。

例えば、仕事を頼まれると断れず仕事量が増える、他人の思惑を気にし過ぎて思うように行動できない、自分の意見を言い出せない、などです。

一つ一つは些細なことでも、積み重なると自分を追い詰める大きなストレスにつながります。

このようにお互いの関係性から生じる人間関係の辛さを克服するためには、自分を変える必要があるでしょう。

現状を変えたいなら考え方から変えるべき

もし、あなたが「いい人」を演じることで人間関係のストレスが溜まっているなら、あなたの考え方を根本から変える必要があります。

あなたなりの考え方の軸を持つことで、「いい人」を辞めることも可能です。

「いい人」を辞めることで、次のような良いことがあります。

周りの評価を気にしなくなることでストレスが減る

「いい人」を演じるためには、周りからの目や評価を過剰に気にし続けなければなりません。

なぜなら、周りから「嫌な人」と思われていないだろうか、「いい人」になっているだろうかという意識が常に働くからです。

そこで、「いい人」であることを辞めれば、周りからの評価を気にする必要がなくなります。

もちろん、仕事や人柄に関する周りからの評価は大事です。

しかし、自分の気持ちを殺して周りの評価を気にする「いい人」であることと、仕事や人柄の良さの評価は全くの別物なのです。

良い仕事をして誠実な対応を続ければ、周りの評価は付いてくるものです。

ですから、周りの評価ではなく、自分がどうあるべきかという自分の中の軸を大事にする考え方に変えるべきです。

そうすれば、周りの評価を気にするストレスから解放されるでしょう。

自分の考えを通すことで仕事の負担が減る

仕事で成果を上げ、人に対する礼儀を守っていれば、自分の考えを通すことは基本的に何の問題もありません。

むしろ、自分の仕事がありこれ以上対応することが困難という状況で、人から仕事を頼まれたら断れず受けてしまうべきではないでしょう。

そんなことを続ければ、仕事の負担は増える一方です。

もちろん、無理を承知で頼んでいる、この仕事が終わらないと納期に間に合わない、などというケースもあるでしょう。

困ったときはお互い様ということもあります。

しかし、そうではなく、周りがあなたに対して無理な要求を常に通そうとするのであれば、「これ以上はできません」「その日は休暇を取る予定なので、出社できません」と拒否するべきなのです。

自分の考えを通すことがストレスと考えている人もいるかもしれませんが、いずれ仕事の負担が増えすぎて破たんする日が来るでしょう。

そうならないためにも、自分の考えを日ごろから通しておくことはとても重要なのです。

人間関係のストレスで辛い時に試す『いい人』の辞め方

では、具体的に「いい人」を辞めるためにはどうすれば良いのでしょうか?その方法について、見てみましょう。

NOと言う勇気を持つ

NOと言うのが怖いという人もいるかもしれませんが、NOと言う勇気を持ちましょう。

NOと言えずにいつもYESと言っていると、あなたには何を言っても良いと周りが認識し始めます。

その結果、嫌な仕事や無理な量の仕事を押し付けられたり、この人ならひどい扱いをしても許されるというレッテルを張られたりするかもしれません。

それよりは、NOと言うべきところはNOと言っておいた方が、楽なはずです。

最初にNOと言うのは確かに勇気がいるかもしれませんが、嫌われても良い、「いい人」を辞めようと考え方を変えればできるはずです。

他人に気を遣いすぎず恐れずに本音を言う

他人の評価を気にして本音を言えないと、どんどん自分が辛くなっていきます。

しかし、案外自分の意見を通しても、周りは気にしないものです。

「自分はこう思う」「こうしたい」という本音を出すことで、職場の人間関係の辛さはだいぶ軽減できるはずです。

もちろん、相手の意見を大事にすることも必要です。

お互いが本音を出し話し合った結果物事が決まれば、気持ちよく仕事ができる人間関係を構築できるでしょう。

それでも解決しない場合は転職する

自分の考えの軸を持ち、勇気をもってNOと言う、他人の目を気にすることなく本音を言うなどの対処をしても、人間関係が改善されないこともあるでしょう。

NOと言っているのにどんどん仕事を押し付けられる、相手の立場を尊重したうえで本音を言っても全て却下されたなどという職場では、もしかしたら働き続けるべきではないのかもしれません。

「いい人」を辞めたらますます風当たりが強くなった場合、また「いい人」に戻って我慢をし続けるか、転職するかしか解決の道はないでしょう。

まとめ

人間関係にストレスはつきものですが、自分だけが我慢して続けていくべき人間関係など続けるべきではありません。

もし、あなたが「いい人」を演じることに疲れたら、思い切って「いい人」であることを辞めてください。

仕事で成果を出し、人としての礼儀を守っていれば、「いい人」を演じる必要などないのです。

周りの評価を気にせず、NOと言うべきところではNOと言いましょう。

お互いの意見を尊重していれば、本音を言うことを恐れる必要はありません。

もし、「いい人」を辞める努力をしてもなお、人間関係の辛さが解消されないのであれば、転職も視野に入れるべきでしょう。

 

リクルートの最新転職サービス「就職Shop」

就職Shopはリクルートが運営する、若者向け就職支援サービスです。

リクルートの就職SHOPのおすすめポイント
  • 書類選考なしで簡単就職!
  • 都内なら直接相談可能
  • 正社員転職で高定着率
  • 8,500社以上の求人を紹介
  • 模擬面接&内定までサポート!
求人数 [star rate=”3″]
職種の種類 [star rate=”4.5″]
転職サポート [star rate=”5″]
総合評価 [star rate=”4″]

 

 

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ