仕事・転職

【月曜日の朝が辛い!】吐くほど仕事が憂鬱で嫌な場合の対処法!

毎週月曜日の朝は仕事のことを考えると落ち込んだ気持ちになるなんだか気が滅入ってやる気が出ない、こういった人って多いと思います。

インターネットで検索欄に「月曜日 仕事」と入力すると予測ワードに「行きたくない」とか「憂鬱」などが出てきますから、月曜日は多くの人がそんな気持ちになっているという事ですね。

中には仕事のことを考えるだけで吐きそう、とかまるで気力が湧かないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも漠然と「仕事したくない」「会社に行きたくない」と思っているだけでは問題は解決しません。

なぜ月曜日は気持ちが重いのでしょうか?

何が気持ちを重くするのでしょう?

実は月曜日がつらくなる原因や理由の中に、問題を解決するヒントが隠れているのです。

そのヒントから対処法を見つけて、少しでも楽な気持ちで月曜日を迎えたいものですね。

今回は月曜日の朝が辛くなる理由やそれに対する対処法、またストレスが体に与える影響などをご紹介していきます

この記事を読んでいただければ月曜日の朝を晴れやかな気持ちで迎える方法があなたにも見つかるはずですよ。

主要転職・就職サービス 公式HP

doda

  • 転職サイト・エージェント
  • 満足度NO.1の求人サイト
  • 自分を活かせる職場を発見
  • 機能、求人数が多数
公式

就職Shop

  • リクルートの転職支援サービス
  • フリーター・就業未経験が対象
  • 全国10拠点に店舗あり
  • 8,500社以上の企業から求人紹介
  • 面接の練習を通じて、内定までサポート
公式

月曜の朝、仕事の事を考えると辛いもの

「あ〜、また一週間が始まるな〜」なんて憂鬱な気持ちで迎えた月曜日の朝にも、会社に行くのがイヤでイヤで仕方がない時と、そこまで苦にならない時がありませんか?

例えばその週の水曜日が祭日で休みだったりすると、

「月曜、火曜の二日間だけガマンすれば休める!!!!!」

なんていう気持ちが支えになって、いつもより前向きに仕事に行けるものですよね。

会社から給料をもらっているのだから、仕事にイヤな事やつらい事があるのは当たり前というように、働く=ガマンという考え方になってしまっているのかもしれません。

同じ月曜日でもとてもつらい時もあればそうでもない時もある、この理由を考えて月曜日の朝が少しでも楽な気持ちになれるヒントをさがしましょう。

すごくつらい月曜日から考える対処法

すごくつらい時ってイヤな仕事の事を考えてしまうからですよね。

例えばこういったことです。

  • 気の合わない上司との仕事が回ってきてずっと気が休まらない
  • 難しい仕事を任されて失敗しないか心配
  • ガミガミうるさいクラアントのところにクレーム処理に行く
  • 関係のないトラブルに巻き込まれて理不尽に責任を押し付けらそう

この様な不満を持たずにいられない仕事がサラリーマンにはたくさんあります。

その反対にあまり苦にならない仕事もありますね。

  • 分かり合えている上司や同僚と一緒にやる仕事
  • 関係の良いクライアントや関係者のと打ち合わせ
  • 内容的に向いていて、時間も忘れて熱中できる仕事

など、いつの間にか退社時間になっている仕事などもありませんか?

会社員であればスケジュールが自由にならない仕事も多いとは思いますが、できるだけ曜日を加味して嫌な仕事と楽な仕事を組み合わせてみてはどうでしょうか?

月曜日の朝がつらいのは楽しかった休日と、これからの一週間の仕事との落差ですよね。

ですから月曜日はできるだけ負担にならない、仕事を回しましょう。

月曜日はできるだけ負担にならない、苦にならない仕事をやる事にして、気持ちの楽な週末の前にイヤな仕事を回す。

こんなちょっとしたスケジュールの調整でも自分の心を楽にする効果はあるでしょう。

気が楽な月曜日には良いヒントが隠れている

休日の入る週の月曜日はそこまでつらくない話をしましたが、それ以外にも楽に月曜日を迎えられる時もあると思います。

例えばこういったことです。

  • 楽しみにしているライブやイベントが近づいていてそれを楽しみに頑張れる
  • 趣味が充実していて、その時間を持つ事が張り合いになる

ライブやイベントがすごく好きな人はこういう気持ちになる事ってあると思います。

また趣味も気持ちを支えてくれる事ってありますよね。

例えば読書が好きな人は続きを読む時間を楽しみに仕事が頑張れたり、映画やドラマが好きな人は観てる間に引き込まれていって仕事のことを忘れられたりなどです。

スポーツが趣味の人は同じスポーツをしている人とコミュニケーションをとる事や体を動かす事で気分転換ができたりしますよね。

こういったプライベートの時間の充実は生活の張りになる上に、ストレスを解消してくれるという良い面があります。

月曜の朝がつらいのは結局のところストレスが大きな原因なので、ため込まないことが一番です。

なかなかストレスを解消につながる趣味を見つけるのが難しい方は、気がおけない友人と話をするというのも効果があります。

自分のできるストレス解消の方法を見つければ、少しずつでも月曜の朝が楽になるはずです。

吐き気がするほど嫌いな職業でなぜ働く?働く理由を考えよう

中には毎週体調が悪くなって体を動かすのもつらい人や、本当に吐き気をもよおしてしまう人もいると聞きます。

どうしてそこまでして嫌な会社、嫌な仕事を続けているのでしょうか?

  • 収入(金銭面)の心配
  • 変化を嫌う日本人の気質
  • 大企業、有名企業など会社にステータスを感じている

このような理由からつらくても転職せずに、働き続けている人が多いのではないでしょうか。

この章ではそれぞれの理由について、考察していきたいと思います。

金銭面での不安を減らして転職するためには

生活を支えるためには、お金が必要です。

確かに転職した後、今の会社と同等以上の給料がもらえるとは限りませんし、それを誰かが補償してくれるわけでもありません。

でも体調が悪くなるくらい嫌な仕事を我慢して続けるのって、すごくエネルギーがいる事ですよね。

転職後の収入を確保するためにそのエネルギーを使う、という考え方はできないでしょうか?

例えばスキルアップの勉強を始めるとか、転職後の業界の情報を集めるなどです。

転職を決断できればこれまで続けてきた我慢のストレスは大きく解消されるでしょう。

今まで我慢に費やしてきたエネルギーを、転職のことに回すこともできるのではないでしょうか。

それであなたの市場価値が上がれば、転職後の収入を高める事につながりますよね。

退職後の収入が上がるか、下がるかはあなたの頑張り次第で変わるのです。

変化を前向きに考えよう

日本では長い間「終身雇用」や「年功序列」といった考え方が浸透していて、1つの会社で働き続けることが、正しい働き方のようなイメージがあります。

部活などを途中でやめると「投げ出した」と捉えたり、「我慢は美徳」といった価値観が根強いのも事実です。

実際に転職を考えたときに身の回りに起こるさまざまな変化を想像すると、不安や心配な気持ちになってしまうのは自然なことだと思います。

でも変化することをネガティブに捉えすぎていませんか?

そうではなくてポジティブな面に目を向ける事も大切です。

日本に比べて海外では、転職がスキルアップの手段という考え方が一般的ですね。

転職を繰り返しても、それがキャリアアップとみられます。

引っ越しや進学で生活環境が変わるのは、誰でも体験する事です。

そういう体験の中で、良かった事もたくさん経験していますよね。

毎週月曜日に吐き気がするほど今の仕事がつらいなら、一歩踏み出す勇気を持ちませんか?

状況を変える事で、初めて見えてくるものも必ずあるはずです。

ステータスがどれほど重要なのか?

あなたが働いているのが大企業や有名企業だったり、人から憧れられる職種である場合、そのステータスが働く理由という場合もありますよね。

確かにそういう会社で働いていることは優越感やプライドにつながっているという事もあるでしょう。

でもその引き換えに毎週、つらくて苦しい月曜日を迎えているわけですよね。

その優越感やプライドを手放したら、あなたの何かが変わってしまうのでしょうか?

転職すればステータスが下がってしまうこともあるでしょう。

でもそれはあなたの人生の価値には関係がないと思います。

仕事にやりがいを感じ、何事にも前向きに取り組めれば、それが価値のある人生をおくるという事ではないでしょうか?

吐き気がするほどのストレスを溜め込むとヤバい理由

厚生労働省の発表によると、仕事や職業生活でストレスを感じている労働者は60%を上回っています。

今の社会は働きやすさが重視されていますが、まだまだこのようなストレスからは離れられない実態があるのですね。

年代別に多い順に並べてみると

  • 30代(65.2%
  • 40代(64.6%)
  • 50代(59.1%)
  • 20代(58.2%)
  • 60歳以上(46.9%)

30代が最も多くてその次が40代ですね。働き盛りの年代にストレスを感じている人が多いという事です。

この数字が表している事は、20代ではまだ仕事を始めて間もないのでストレスを感じている人は比較的に少ないけれど、30代でピークに達し、40代でもほとんどの人がストレスを抱え続けているという事ですね。

労働者の半数以上がそうなのだから、ストレスはあるのが当たり前、という風に軽く考えてはいけません。

過度のストレスは精神疾患の原因になります。

「自分はそんな心の病気にはかからない」「精神疾患になるのは心の弱い人だ」という様に考えている人もいますが、それは誤った考え方です。

こちらも厚生労働省のHPに記載されている内容ですが、精神疾患というのは誰にでも症状があらわれる可能性があり、決して特別視するものではありません。

風邪をひいて熱が出たり、アレルギーで湿疹が出るのと同じ様に何らかの原因によって脳内に生物学的な変化が起こって症状が引き起こされます。

この何らかの原因の一つがストレスなのです。

  • 自律神経失調症
  • 適応障害
  • うつ病

これらは耳にした事のある精神疾患ではないでしょうか。

自律神経失調症を例にとってみますと、自律神経は交感神経(緊張モードの神経)と副交感神経(リラックスモードの神経)の2つで形成されています。

生活のあらゆる場面でどちらかが強く活動するともう一方が抑制される事でバランスを取りながら私たちの心と身体を支えています。

ところが過度のストレスによってこのバランスが崩れてしまうと、いろんな体調の変化があらわれます。

仕事が終わった後のプライベートな時間は、副交感神経が活発になる事でリラックスできて心が休まるのですが、バランスが崩れてしまうとプライベートでも仕事中の様な緊張感を持ち続ける事になります。

その結果、睡眠に関して「寝つきが悪い」「夜中になんども目が覚める」「朝起きても疲れが取れない」など、食事の面では唾液や胃液の分泌が悪くなり「食欲が出ない」「食べてもおいしく感じない」「食べると吐きたくなる、もしくは吐いてしまう」などの症状が現れます。

放っておくと症状が悪化し、深刻な状況になる事も考えられます。

自律神経は私たちの体調を影で支えてくれている器官ですから、体調が悪い直接的な原因がわからずいつの間にか病状が悪化していたというケースも多いのです。

適応障害やうつ病などもストレスが原因になる事が多く、病状が進行すると体調に大きな影響を与えてしまいます。

眠れないとか吐き気がするなどの症状があらわれたら、無理をしないで精神内科や診療クリニックなどを受診してください。

専門家の治療や薬によって症状は改善に向かうはずですし、正しい診断を受ければ働き方や生活環境を見直す良いきっかけになります。

仕事に前向きになれる職場に就けていますか?

月曜日の朝のつらさのいろいろな例とその対処法を紹介してきましたが、根本的な解決を考えるなら、今就いている仕事に前向きになれるのかを考えるべきです。

今働いている会社に就職したのはいろいろな理由があったと思います。

  • 給料がよかった
  • 安定している
  • 休みが多く取れそう
  • 好きな仕事ができそう

当時は納得できる理由だったかもしれません。

しかし、会社へ入って仕事をしてみないとわからない事が多いのは事実ですよね。

配属が希望の部署ではなかったとか、思ったほど休日が取れないみたいな事はよく聞く話です。

また仕事にやりがいが持てると思って入った会社でも、実際には仕事をしてみたらそうでもなかったとか、人間関係がうまくいかなくて、上司や同僚との付き合い方に頭を悩ませてるなんて人も珍しくないですよね。

仕事や会社がいやで辞めたいのだけど、経済的な事や生活の変化が不安で踏み出せない

こう考えてしまうのはしょうがないとも言えます。

でも仕事に前向きになれないというのは現状だけでなく、あなたの将来にも大きく影響します。

前向きに仕事に向かう事ができれば充実感や、やりがいを感じる事ができますし、スキルアップにも結びつきます。

スキルアップできれば業界でのあなたの評価も上がり、それによって退職や転職に対するさまざまな不安も減っていく事でしょう。

どうしたら仕事に前向きになれるのか、また今の職場で前向きに仕事に迎えるのかを深く考えてみるのが最も効果的な解決方法だと言えます。

そして前向きになるための方法を考え始めたり、何かしら行動し始める事ができたら今までより楽な気持ちで月曜の朝を向かえられるはずです。

おわりに

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

日本のサラリーマンは「辞める理由」を考える前に「辞められない理由」を考える人の方が多いそうです。

確かに退職や転職はリスクがありますし、精神的な負担も大きいのでなんとか自分を納得させるためにそう考えてしまうのかもしれません。

ですが体調が悪くなるほど月曜日の朝がつらいのであれば、それは大きな問題です。

現代はインターネットという便利なツールもありますし、転職や求人に関するサービスの情報も簡単に手に入ります。

そういうところを一度のぞいてみるだけでも、あなたの心に明るい変化があらわれると思いますよ。

リクルートの最新転職サービス「就職Shop」

就職Shopはリクルートが運営する、若者向け就職支援サービスです。

リクルートの就職SHOPのおすすめポイント
  • 書類選考なしで簡単就職!
  • 都内なら直接相談可能
  • 正社員転職で高定着率
  • 8,500社以上の求人を紹介
  • 模擬面接&内定までサポート!
求人数 [star rate=”3″]
職種の種類 [star rate=”4.5″]
転職サポート [star rate=”5″]
総合評価 [star rate=”4″]

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ