仕事・転職

空白期間ありの転職で説明や言い訳すべき?上手に内定をもらう方法やコツ!

前職を辞めてからしばらく仕事をしていないという空白期間がある場合、転職可能なのでしょうか?

空白期間があることでイメージが悪くなり転職できないかも、と不安を感じている人も多いことでしょう。

しかし、空白期間があっても上手に対応すれば問題なく内定をもらうことも可能です。

ここでは、空白期間があっても転職に成功したケースや、気をつけるべきことについてご説明したいと思います。

空白期間があって転職を目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

空白期間とは?転職に影響する?事例やケースを紹介

空白期間とはどのようなことを言うのでしょうか?

転職する際に、空白期間はどのように影響するのでしょうか。

ここでは、空白期間を置いて転職した事例やケースをご紹介したいと思います。

仕事を辞め転職活動をしていた

意外と多いのが、他の仕事がしたくなって仕事を辞めてから転職活動をするという人です。

退職後に転職活動をするため、その期間が空白期間になります。

このケースの場合は、空白期間中に転職先を探していた、より良い転職先に出会うためにスクールに通ったり資格試験を受験したりしてスキルアップに努めていたなどと、空白期間を説明することができます。

前向きに転職活動をしていたことを説明できれば、有利に転職活動を進めることも可能でしょう。

出産後に子育てのために一時期仕事を辞めていた

女性の場合は、結婚、出産のため一時期仕事を辞めていたという空白期間を持つ人が非常に多いのではないでしょうか。

両親の介護のために仕事を辞めていたという人もいるかもしれません。

この場合は、空白期間そのものの存在が転職の不利になることは、あまりありません。

ただ、子育て中の人は子どもの預け先はあるのか、両親などのサポートが得られるのか、時間短縮勤務の必要はあるか、子供や両親の急病などで呼び出されるのかなどという、働き方の制限の方が重要になります。

子育てや介護をしながら仕事をする場合は、仕事にどのような影響があるのか、どこまでなら仕事ができるのかを明確にしなければ、転職先を決めることが難しいでしょう。

ストレスがたたって退職してから一時期引きこもりに・・・

空白期間がある人の中でも転職が困難と考えられるのが、仕事をしないで引きこもっていた期間がある人です。

例えば、ブラック企業に入ってしまいストレスで体も心も壊してしまい仕事を辞めざるをえなかった、たまたま入った会社の方針が自分と全く合わずやめてしまった、などというケースです。

このようなケースで無職の期間ができてしまうのは、もしかしたら誰にでも起こりうることかもしれません。

引きこもりや無職というイメージだけが先に立ってしまってなかなか転職できないのは、とてもつらいことでしょう。

しかし、自分の置かれた状況を冷静に分析し、資格を取得したりスクールに通ったりして新たなスキルを身に付けるなどの努力をすれば、転職は必ずできるはずです。

空白期間は圧倒的に不利になる

仕事をしていない空白期間は転職活動において不利に働くケースが多いのは事実です。理由としては以下が挙げられます。

空白期間が不利に働く理由まとめ
  • 働く意欲が無い
  • 問題を抱えている
  • 即戦力として採用されることが難しい

具体的に見ていきます。

働く意欲がない

企業の採用担当者は、仕事をしていない期間がある人を働く意欲がないとみなしてしまうことがあります。

働く意欲があればすぐに転職するはず、少なくともアルバイトや資格取得のための勉強などをするはずだと考えられる場合もあります。

ただし、家庭の事情があった、スクールに通って資格取得を目指していたなど、採用担当者が納得するようなアクションがあれば問題ありません。

ですから、空白期間が生じる場合は、その期間に何を目的に何をしていたのかを、面接で説明すべきです。

問題を抱えていると思われる

空白期間がある場合、転職先が決まらずにいたのは何か個人的な性格や経歴に問題があるのでは?と思われる可能性があります。

具体的には以下のようなイメージです。

  • 極端に協調性がない
  • コミュニケーション能力がとても低い
  • 仕事ができない
  • 性格上問題がある
  • 過去の仕事で問題を起こした
  • 奇抜な考え方をする

このような問題が無かったとしても、空白期間があるというだけで警戒されてしまう場合があるのは事実です。

この場合は、書類選考や面接の場でしっかりと自分の人柄やスキルや過去の経歴などを説明することが必要ですね。

即戦力として採用されることは難しい

空白期間(休んでいる期間)が長いほど、ビジネス感覚が失われていきます。

人とのコミュニケーション能力や仕事の処理能力、判断能力などは、使わないとどんどん低下してしまうのです。

そのため、よほど高い能力や専門的な知識などがなければ、空白期間を経ていきなり即戦力として採用されることは難しいでしょう。

履歴書の空白期間で嘘はバレる?

仕事の空白期間を持つ人が転職活動をする際に、「空白期間があることを隠せば何とかなるんじゃないか?」と一度は考えるのではないでしょうか。

空白期間がなかったことにすれば普通の転職活動と同じことになりますから、その方が良いと考える人もいるでしょう。

しかし、履歴書に職歴を書けば、必ず空白期間があったことがわかってしまいます。

その時、こちらから何も言わないのと、最初から空白期間があったことを説明しておくのとでは、印象がだいぶ異なります。

空白期間があったことをあえて隠すことで、イメージはだいぶ悪くなるでしょう。

では、空白期間がないように、経歴をねつ造するとどうでしょうか?

もちろん、経歴をねつ造して履歴書を書くことは、決して許されることではありません。

直前の職歴をねつ造すれば離職票からすぐにばれてしまいます。

直前でなければ問題ないかもしれませんが、過去の職場に問い合わせをされれば言い逃れはできません。

普通はそこまでされることはないかもしれませんが、どこでばれてしまうかわからないのは確かです。

そして、ねつ造が発覚すれば内定に至ることはほぼないでしょう。

そのようなリスクをおかすくらいなら、最初から正直に話しておいた方がよほど良いはずです。

空白期間があることは確かに説明しにくいですが、それが事実なら正直に説明するべきでしょう。

 

空白期間の言い換えや履歴書の書き方は?

では、空白期間があったことを、履歴書でどう表現すれば良いのでしょうか?

ただ空白であることを示すよりは、転職するために有益な活動をしていたということを説明することができれば、印象が随分変わります。

履歴書における空白期間の言い換え方について、ご説明したいと思います。

転職に向けてスキルアップをしていた

空白期間にただ遊んで暮らしていたわけではないということを言うためには、何か転職に向けた努力をしていたことを説明できると良いでしょう。

転職のために資格試験の勉強をしていたのであればかなり印象が良いですし、実際に資格を取得できていればなお良いでしょう。

職業訓練所スクールなどに通っていた語学留学をしていた、独学で勉強をしていたなどということでも構いません。

転職に向けてスキルアップをしていたのであれば、それをしっかりと説明しましょう。

家族の介護や家業の手伝いをしていた

空白期間に遊んで暮らしていたわけではなく、家族のために働いていたという人もいるでしょう。

家族の介護をしていた、家業の手伝いをしていたなどと言う場合は、空白期間の説明になりますから必ず書いておきましょう。

何も書かずに空白期間があったと書くだけよりも、ずいぶんイメージが変わってきます。

単発のアルバイトやフリーで仕事をしていた

空白期間に単発でも仕事をしていた場合は、必ず書いておきましょう。

単発のアルバイトやフリーで請け負う仕事、在宅の仕事など、働いていたのであればその旨を書いておいてください。

そうすることで、何もしなかったというよりも、だいぶイメージが良くなります。

 

空白期間が長くても上手に就職できる方法やコツ!

空白期間が長くても就職できた人は、どのような工夫をしたのでしょうか?

空白期間が長くても転職するための方法やコツについてご説明したいと思います。

面接官が空白期間をどう思うか客観的な分析をする

空白期間があると転職にどのような影響が出るのか?を知りたいなら、自分が面接官になったら空白期間がある人のことをどう思うか、客観的な分析をしてみることをおすすめします。

あなたのすぐそばにいる家族や、一緒に働いていた同僚など、あなたのことをよく知っている人なら、空白期間があってもきちんと働ける、こんなスキルや能力があるなどということを知っています。

しかし、面接官はそうではなく、空白期間がある転職希望者という、一般的なイメージしか持っていません

ですから、積極的に、自分がどんな人物か、どのような努力をしていたかをアピールする必要があります。

仕事の空白期間がある転職希望者のイメージは、仕事に適応できずに辞めてしまった、仕事が長く続かない、人間関係を築くことができない、身体が弱いなどというものです。

ですから、これらの悪いイメージを一つ一つ払拭していく必要があります。

例えば、前職では仕事に適応できずに辞めたのではなく、家族の介護や体調を壊したなどの事情があった、前職は〇年以上続いたなどと、一つ一つ説明しましょう。

人間関係が築けないのではというイメージに対しては、面接でコミュニケーション能力を発揮してアピールしてください。

そうすることで、面接官は「この人は空白期間があったかもしれないが、そこまで問題視するようなことはないな」と、徐々に認識を改めてくれるでしょう。

過去の経験を活かした前向きなアピールを

空白期間がある人の中には、仕事や人間関係によるストレスのために辞めてしまった、先のことを考えずに安易に辞めてしまったなどという、面接官に説明しづらい経歴を持つ人もいるでしょう。

それをそのまま面接で説明してしまうと、「やっぱりイメージ通り、あまり仕事に向いていない人なのか」と思われてしまいます。

しかし、そのような苦い過去の経験がある人も、その経験を活かして今は前向きに転職活動に取り組んでいることをアピールできれば、挽回の機会があります。

自分に合った仕事に就くためにスキルアップに努めている、安易に仕事を辞めてしまったのは良くなかったが今は将来のことを見据えて資格を取得したなどという、具体的なアピールをしましょう。

資格試験の結果やスクールの受講証など、具体的な証拠を見せることも重要です。

そうすることで、空白期間を挽回できるような、前向きなアピールをしてください。

 

まとめ

空白期間が長い転職者は、一般的な転職者よりも不利な点があります。

空白期間があるということは、仕事が続かないのではないか、人間関係を築けないのではなどという、マイナスイメージがどうしても付きまとうからです。

しかし、一般的にそのような認識があることを理解し、そのマイナスイメージをどうすれば挽回できるのかを考えてみることが重要です。

そして、自分なりに転職に向けて努力したことを、具体的にアピールしてください。

そうすることで、空白期間があっても転職を成功させることが可能です。

しっかりと転職前の準備を積み上げて、転職活動に臨んでください。

転職サイトはこちらがオススメです↓↓↓

リクルートの最新転職サービス「就職Shop」

就職Shopはリクルートが運営する、若者向け就職支援サービスです。

リクルートの就職SHOPのおすすめポイント
  • 書類選考なしで簡単就職!
  • 都内なら直接相談可能
  • 正社員転職で高定着率
  • 8,500社以上の求人を紹介
  • 模擬面接&内定までサポート!
求人数 [star rate=”3″]
職種の種類 [star rate=”4.5″]
転職サポート [star rate=”5″]
総合評価 [star rate=”4″]

 

就職ショップで正社員転職する

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ