仕事・転職

体力に自信ない人の仕事オススメは?楽な仕事はデスクワークだけじゃない

転職を考えている人の転職理由として多いのが、仕事が体力的にきついということではないでしょうか。

体を動かしたり一日中立ちっぱなしだったりという体力的にきつい仕事が続かない体力に自信がない人は、自分に合った職場に転職した方が良いかもしれません。

体力的に楽な仕事とは一体何なのでしょうか?

デスクワークだけでなく、楽な仕事は必ずあるはずです。

そこで、体力に自信のない人におすすめの仕事について考えてみたいと思います。

楽な仕事は人によって異なる!本当にあなたに合った仕事とは?

楽な仕事と言っても、どんな仕事が楽なのかということは人によって異なります

肉体的にストレスが少ない仕事が楽という人もいれば、体力的に多少きつくても単調な仕事が楽という人もいるでしょう。

ここでは、いろいろな観点から楽な仕事とはどのような仕事なのかを考えてみたいと思います。

結果的に3つの仕事が楽であるとの結論に至りました。

  • 肉体的なストレスが少ない
  • 精神的なストレスが少ない
  • 待遇が良い

あなたにとって楽な仕事とは何なのかを考えてみてください。

肉体的なストレスが少ない

体力に自信がない人は、肉体的なストレスが少ない仕事が楽と感じるでしょう。

この場合は、基本的には椅子に座って仕事をし、あまり体を動かさない仕事がおすすめです。

ただ、肉体的なストレスと言っても、人によって感じ方は様々です。

座りっぱなしの仕事だから楽だと思っていたら、パソコンと一日中向き合う仕事で肩こりや腰痛が意外と辛かったなどということもあります。

事務だから楽だろうなどと単純に判断せず、仕事内容をしっかりと見極めることが大事です。

精神的なストレスが少ない

体力に自信がなくて続かないと思っていても、実は精神的なストレスが原因だったということもあります。

精神的なストレスになる原因には、人間関係の悪さ、ノルマの存在、仕事の責任の重さ、その仕事が苦手である、または、不得意であるなどということが考えられます。

人によって精神的なストレスの感じ方は異なります。

自分にとって何がストレスなのかを理解し、最もストレスが少ない仕事を探す必要があります。

待遇が良い

仕事の内容に関わらず転職先の企業の待遇が良ければ、体力的に辛くないという人もいると思います。

例えば、有給休暇が取りやすい、残業が少ないなどという待遇の良い企業で働けば、体力的にもあまりきつくありません。

今の仕事が体力的につらいという人は、今の会社の待遇は自分に合っているかを考えてみるのも良いでしょう。

今の仕事、本当に向いている仕事ですか?

どのような仕事が楽なのかを考えたところで、今の仕事が本当に自分に向いている仕事なのかを考えてみましょう。

仕事が自分に向いているかを自分で考えるのは、意外と難しいことです。

そこで、ここでは客観的に自分に今の仕事が向いているかを知るための、いくつかの質問をぶつけてみたいと思います。

具体的に、以下の質問です。

  • 仕事をしていて楽しいと感じることがありますか?
  • 日曜日の夜にとてもつらいと感じることがありますか?
  • 仕事の目標はありますか?

これらの質問の答えを自分の中でしっかり考えてみることで、本当に自分に向いているかがわかるかもしれません。

仕事をしていて楽しいと感じることがありますか?

少しでも今の仕事が好きで適性があるのであれば、仕事をしていて楽しいと感じることがあるはずです。

仕事自体はつらいと感じることが多く大変なことばかりだけれど、顧客から褒めてもらった時とてもうれしいと感じる、一つのプロジェクトを終えてしばらく休める時期が来た時に大きな達成感を感じる、などということがあるでしょうか?

一秒も、一ミリも楽しいと感じたことがない、仕事の全てが苦痛でしかないという場合には、転職も視野に入れた方が良いかもしれません。

ただ、一度も仕事を自分一人で完遂させたことがない、成功体験がないという場合は、まだ判断すべき時ではない場合もあります。

一度落ち着いて、自分が今の仕事に対してどう思っているかをじっくり考えてみるのも良いでしょう。

日曜日の夜にとてもつらいと感じることがありますか?

日曜日の夜とは、休みが終わって次の日に仕事が始まる日の夜ということです。

ですから、土日が休みではない人は、休みの最終日の夜になります。

日曜日の夜にやっている「ちびまる子ちゃん」や「サザエさん」を観ると憂鬱になる、という話をよく聞きます。

これは、せっかくの休日が終わり明日から仕事が始まってしまうからです。

誰でも休みが終わるのは嫌なものですから、ほとんどの人がそう思っているかもしれません。

しかし、その憂鬱や落ち込みの程度が激しい場合、仕事によるストレスがかなり大きいと考えるべきです。

仕事が終わった金曜日の夜の開放感が大きすぎる人は、反動で日曜日の夜の落ち込みが激しくなります。

仕事が終わって休日に入るタイミングと、仕事が始まるタイミングの気持ちの落差が大きすぎる人は、危険信号が灯っていると考えた方が良いでしょう。

仕事の目標はありますか?

あなたは、5年後、10年後になりたい自分を具体的に想像することができるでしょうか?

もし、今の仕事にある程度満足しやりたいと思っていることがあるのなら、何らかの仕事の目標があるはずです。

主任から課長になりマネジメントをしてみたい、もっとスキルをアップして高度な資格を取得し収入を上げたいなど、具体的なビジョンが描けているならば安心です。

しかし、今の仕事に嫌気がさし、全くやる気がないのであれば目標など立てようがありません。

目標など全然無く毎日の仕事をこなすだけでいい、という人もいるでしょう。

今のままの状態を続けることが目標ということもあるかもしれません。

しかし、全く将来の目標を描けないのであれば、今の仕事は自分に向いていないということかもしれません。

 

得意なことと好きなこと、仕事にする方が良いのはどっち?

よく、このような質問があります。

得意なことを仕事にする方が良いのか、それとも、好きなことを仕事にする方が良いのか、どちらが良いのでしょうか?

しかし残念ながら、このような問いにはあまり意味はないと思います。

なぜなら、得意な仕事はこれから作るものであり、好きな仕事は変わっていくものだからです。

結論としては、得意なことでも好きなことでも、どちらでも自分にとって一番良いと思う方向の仕事を探していくのが一番良いということになります。

ここでは、得意なことと好きなことを仕事にしていくことについて、考えてみたいと思います。

得意な仕事はこれから作るもの

仕事にするなら、得意なことを仕事にしたいものです。

例えば、接客が得意なら接客業をすべきですし、IT系の知識に強いならITエンジニアになれば活躍できるでしょう。

しかし、最初から仕事が得意な人はいません。

いくら接客が得意でも最初から失敗なく接客できる人や、いきなり大規模なプログラムを書ける人などいないはずです。

仕事を経験していくうちにスキルや知識、経験が身につき、得意になっていくのです。

もしかしたら、今まで得意だと思っていなかった分野の仕事も、やっていくうちに得意になるかもしれません。

最初から仕事を一人前にこなせるほど、得意な人はいません。

適性がある仕事なら、仕事をしていくうちに実力をつけていくことができでしょう。

最初から好きな仕事に出会える確率は低い

どうせ仕事をするなら好きな仕事をしたいと考える人は多いでしょう。

しかし、漫画が好きだから漫画家になるとか、ゲームが好きだからゲームクリエイターになるなどという、趣味で好きなことを仕事にできる人はあまりいません。

ほとんどの人が、好きではないことを仕事にしているはずです。

ただ、好きという気持ちの種類は様々です。

仕事自体は好きではないけれど、人と関わっていくことが楽しいから好き、仕事をしていくうちに達成感が生まれて好きになっていったということもあります。

人は仕事をしていけば、いつの間にか自分の好きな方向に進んでいくものです。

今与えられた仕事の中で好きな仕事のやり方や、自分がやりたいと思う方向に進んでいくのが良いのではないでしょうか。

体力に自信ない人の仕事オススメは?

体力に自信がない人は、どのような仕事を選べば良いのでしょうか?

体力に自信がない人におすすめの仕事について考えてみたいと思います。

受付

受付の仕事は企業や店舗などの受付ブースで、一日座っていることが多く体力に自信がない人にもおすすめです。

ただ、一日立ちっぱなしのこともあるので、どういう形で仕事をするのかはあらかじめ確認した方が良いでしょう。

ビルメンテナンス

ビルの地下や一階にある詰め所に一日中待機して、何かあったら呼び出されて駆け付ける仕事です。

基本的には詰め所に一日いて、ビル管理の事務作業や見回りなどの仕事もあります。

社内SE

SEの仕事はハードと言われていますが、その中でも社内SEの仕事は比較的楽と言われています。

企業が持つ社内システムやネットワーク環境の運用管理や、社内のパソコンやサーバー機器の管理などが主な仕事で、一般的なシステム開発のような納期があるきつい仕事ではありません。

SEの仕事をしていて疲れてしまった人におすすめです。

工場勤務

工場の仕事は体を使うかもしれませんが、ルーティンワークであることが多く、精神的には楽かもしれません。

そして、一度覚えてしまえば同じような作業の繰り返しなので、体力的にも楽であることが多いです。

接客業

人と関わることが得意なら、接客業も良いでしょう。

仕事によっては立ち仕事になるかもしれませんが、営業活動をするのが主な仕事になりますので、それが苦でなければ楽な仕事と言えるかもしれません。

まとめ

体力がない人は、肉体的にきつい仕事や精神的なストレスがたまる仕事を続けるのが困難です。

そのような人が転職先を探す際には、自分がどのような仕事にストレスを感じるのか、どれくらいまでの仕事ならできるかを、まずは把握することが重要です。

そして、自分が得意な仕事は何か、何が好きかも考慮し、自分に合った仕事を見つけるのが良いでしょう。

もし、今の仕事が体力的に自分に合ってないと感じるのであれば、転職の選択肢も検討してみましょう。

転職サイトに登録するだけなら料金はかかりませんし、メールであなたにあった仕事も紹介されます。

自分が働きやすく、できるだけストレスの無いような働き方が大切なのではないでしょうか。

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ