仕事・転職

社内の派閥がくだらない!争いを避ける方法や無視した場合のリスクは?知らないとヤバい考え方!

サラリーマンとして働いていると、社内政治って気になりますよね。

つまり、社内で派閥争いが発生し、それに巻き込まれる…なんてこともあるでしょう。

実にくだらない…とは思いますが、やはり組織で活動する以上、そういった社内政治は避けては通れないですよね。

では、その対処方法はあるのでしょうか。

この記事では、社内の派閥争いを避ける方法や無視した場合のリスクについてきさいしていきます

 

社内で派閥が生まれる理由は社内政治!

社内での派閥争いって本当に避けたいですよね。

その派閥が生まれてしまう理由のほとんどは社内政治が原因で生まれます。

社内政治とはこれといった定義があるわけではないですが簡単にいえば、会社内において人間関係を駆使して自分が望む環境を構築することです。

何かしら昇進や仕事を自分の思うように進めたいを求める人がいる限り、組織には必ず社内政治が存在するものです。

その舵を握っている実権を持つ人物が二極化した際に社内の派閥が発生します。

それも大きいモノから小さいモノまで。

そのため、組織のあらゆる方針を決定する際、そのような見えない力が働いている事実にうんざりすることでしょう。

しかし会社に属するサラリーマンにとっては避けては通ることが出来ません。

そういった社内政治を避けたい場合は昇進などをあきらめることにも繋がります。

目の前の卒なく仕事をこなすことが社内で生き残るために必要とすれば、社内政治力は自身の昇進に必要ということになるでしょう。

となれば、組織で生きていくうえでは必要不可欠な要因になりますよね。

この連鎖によって、社内政治、つまり社内派閥は生まれていきます。

 

社内で派閥争いを避ける方法とは?

社内で派閥争いは当たり前のように存在しますが、では、それを避ける方法はあるのでしょうか。

誰だって、関係のない争いに巻き込まれるのは嫌ですよね。出来るだけ避けて通りたいもの。

その方法について記載していきます。

自分の意見を出さない

社内の派閥争いは基本的に意見の対立や、他の奴よりも自分の方が正しいという強い主張から生まれます。

部署同士だと部長同士の対立だったり、何かしらの意見の食い違いは発生するもの。

それぞれ、会社をよりよくしたいという気持ちがあるのでしょうが、その中にも自分の立場を有利にしたいという気持ちもあるのでしょう。

そういった戦略的な意図が生まれることから社内の派閥は発生します。

ということはつまり、『自分の主張』を持たなければ、派閥争いなどは発生しません。

本当であれば『こうしたほうがいいのに…』という気持ちが生まれても、組織だから仕方ない、と、割り切って行動することが必要です。

それが間違った方向に進んでいたとしても、意見を出すことで対立が発生することになるからです。

 

ついていく人を決める

まず、社内の派閥争いは会社には既にあると思っておいてOKです。

特に、古くからある会社には必ずと言っていいほど存在します。

まだできて間もないベンチャーほど少ない印象ですね。

なので、社内の派閥争いに巻き込まれないためには、まずは付いていく人を決めましょう。

2つの勢力があるとしたら、そのどちらに付くかを決定します。

どちらにもニコニコしているといいようにも思いますが、最終的にどちらかを選べと言われた場合、自分自身が追い込まれることになるからです。

そのため、八方美人にしているのは危険ということになります。

どちらかついていく人を決めていきましょう。

 

能力を持つ

派閥争いに巻き込まれないため、つまり、無駄な争いに巻き込まれないためには、常にこの人は使えるという能力を持つべきです。

仕事ができる能力、何かしらの技術に特化した能力、仕事においても様々な能力があると思います。

その能力を持つだけで、どちらの派閥に流れたとしても重宝される可能性が大いにあります。

『ウチに来い』と言われ、選ばれる基準となりますから、まずは能力を身につけましょう。

 

社内で派閥を無視した場合のリスクとは?

人間だれしも自由を求めますから、本心では派閥を避けたがります。

「さすが○○常務」「やっぱり○○部長」といった太鼓持ちなんて誰もやりたくないですよね。

それが何年もやり続けなければならないと考えると、社内政治が嫌いな人にとっては本当に気が滅入ることですが、ある程度は付き合っていく必要があります。

何を言われても、どこかで躓いても挫けないという強い意志を持てるのであれば派閥に属さないという働き方ももちろん可能です。

では、社内で派閥争いを無視した場合、どのような事が起こるのでしょうか。

 

仕事が振当てられなくなる。

自分で仕事を取ってくる場合は別ですが、もし上司から仕事を割り振られている場合は、場合によっては自分への仕事が割り振られなくなりそうですよね。

派閥争いに立つ人物程、自分の方に味方しない人を嫌います。

そのため、『あいつには仕事振らなくていい』ということに繋がるでしょう。

その場合、何が起こるかというと、『仕事』が無い状態になり、結果的に利益を上げられない=使えないという状態になります。

 

孤立する

派閥争いは大変面倒な話ではありますが、もし部署単位で派閥というのができているのであれば、その派閥争いを無視していると、自分自身が孤立することが考えられるでしょう。

そのため、部署からは孤立する可能性があると思います。

もちろん一定数はそういった仲間もいるでしょうが、

 

昇進・昇給ルートから脱線

これは上司によるかもしれませんが、派閥を無視した行動を行っていると、昇進や昇給ルートからは外れる可能性は大いにあります。

特に無視したわけでは無いにしても、”あいつは言うことを聞かない”として、扱われても不思議ではないです。

当然、自分の思惑通りに動かない部下は遠くに置いておきたいですよね。

その結果他の上司から拾われると幸いですが、そうではない場合がほとんどでしょう。

それを諦められるかどうか、、というのはあるでしょうね。

ただそれでも出世欲がなく、なるべくストレスを抑えたいという方は派閥に属せず、余計な人間関係に首を突っ込まない方がが幸せでしょう。

また派閥に属していると何かトラブルがあったときに、その派閥が守ってくれるということもあります。

揉め事が起きたときに、派閥トップの権力者が抑え込んでくれることもあるでしょう。

結局、会社という組織に属さなければ生きていけないということは、社内でも派閥という集団に属した方が生きやすいということになります。

 

 

 

 

 

社内の派閥争いに巻き込まれないためには?

社内の派閥争いには巻き込まれたくないですよね。

とはいえ、会社員は集団の中に属すものです。

それが組織となれば、どのような環境でも派閥はできるものと考えるべきでしょう。

そのような不毛な争いに巻き込まれないようにするには、まず派閥争いの中心人物に近付かないことが大切です。

派閥を作るような人間は好き嫌いがはっきりしており、嫌われてしまうと派閥ごと敵に回すことになり非常に会社に居づらくなります。

好かれたとしてもそれはそれで派閥争いに参加することになるでしょう。

派閥争いをする人物にとって敵か見方か判断できないような振る舞いをすることが大切ですが、なかなか難しいですよね。

ある程度の距離を保ちながら仕事をすることが大切であるということも頭に入れておきましょう。

もし、現在すでに派閥争いに巻き込まれ、悩んでいるとしたら辛いですよね。

もし、社内の派閥争いがあからさますぎて仕事が進まないような状態なら、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職で派閥争いの無いような環境に職場を移し、働くというのも正しい手段です。

大きな会社だと任せられる仕事も大きいでしょうが、必ずと言ってよいほど、派閥争いのようなしがらみは付いて回ります。

小~中規模の会社であれば、そのような争いも少ないでしょう。

転職を本腰を入れて取り組むのはなかなか大変ですが、転職サイトに登録するだけなら料金はかかりませんし、メールであなたにあった仕事も紹介されます。

自分が働きやすく、できるだけストレスの無いような働き方が大切なのではないでしょうか。

オススメはこちらの転職サイトです↓↓

リクルートの最新転職サービス「就職Shop」

就職Shopはリクルートが運営する、若者向け就職支援サービスです。

リクルートの就職SHOPのおすすめポイント
  • 書類選考なしで簡単就職!
  • 都内なら直接相談可能
  • 正社員転職で高定着率
  • 8,500社以上の求人を紹介
  • 模擬面接&内定までサポート!
求人数 [star rate=”3″]
職種の種類 [star rate=”4.5″]
転職サポート [star rate=”5″]
総合評価 [star rate=”4″]

 

就職ショップで正社員転職する

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ