仕事・転職

デスクワークが苦手な人は転職すべき?向いてない人の作業効率アップの方法!

この記事では、デスクワークでの作業に悩みを持っている人へ対処法を書いていきます。

デスクワークって楽そうに思えますよね。しかし、実際は大変なことはたくさんあります。

ただパソコンをカタカタしているイメージを持っている人もいますが、コミュニケーション力やマルチタスクを要求されることの方が多いので、仕事に就いてからすぐに”苦手”と感じてしまうことも多いでしょう。

では、デスクワークが苦手と思ったら、すぐに転職などを行うべきなのでしょうか?

デスクワークでの悩みについて一つ一つ紐解いていきます。

仕事が合わない場合の対処法!転職・退職すべき?リスクや辞められない理由は?この記事では仕事が自分に合わない時の対処法について記載していきます。 会社などで『自分にはこの仕事は合わない・向いていないのではな...
体力に自信ない人の仕事オススメは?楽な仕事はデスクワークだけじゃない転職を考えている人の転職理由として多いのが、仕事が体力的にきついということではないでしょうか。 体を動かしたり一日中立ちっぱなしだ...
主要転職・就職サービス 公式HP

doda

  • 転職サイト・エージェント
  • 満足度NO.1の求人サイト
  • 自分を活かせる職場を発見
  • 機能、求人数が多数
公式

就職Shop

  • リクルートの転職支援サービス
  • フリーター・就業未経験が対象
  • 全国10拠点に店舗あり
  • 8,500社以上の企業から求人紹介
  • 面接の練習を通じて、内定までサポート
公式

デスクワークが苦手な人の特徴は?

まずは、デスクワークが苦手な人について見ていきましょう。

デスクワークって体験したことが無い人が見ると、すごく楽そうに思いますよね。

パソコンをカタカタしているだけでお給料をもらえる…なんて思われがち。

しかし、実際は思っている以上にハードだし、楽ではない仕事が多いです。

では、どのような人はデスクワークが向いてないのでしょうか。

 

机でじっとしていられない、身体を動かしたくなる

もともと机での勉強や作業が得意な人は考えられないかもしれませんが、机での作業が苦手な人はたくさんいます。

子供が勉強する時に足をムズムズさせてしまうのと同じように、椅子に座って机に向かうことにストレスを感じてしまうんですね。

これは慣れによって改善することもできますが、慣れる前に”仕事”として取り組んでしまうと、デスクワークでの仕事自体を苦手ととらえてしまうこともあるでしょう。

※もちろん、座りっぱなしは体にも悪いので、定期的に身体を動かすことは必要です

 

長時間の集中が苦手

長時間の作業が苦手な人もデスクワークは苦手と感じるかもしれません。

デスクワークは基本的に長時間作業であることが多いです。資料データをまとめたり、会議やプレゼンのための資料を作成したり。

資料作成に慣れるまでは、エクセルやパワーポイント等のソフトを使いこなすのに時間がかかります。

そのため、必然的に長時間作業になる事が多いんですね。

ある程度区切りの良いところまで作業に集中することが出来ないと、苦手意識が生まれてしまうかもしれません。

 

作業の同時並行が苦手

デスクワークと聞くと、ひたすらパソコンをカタカタさせているイメージがありますが、実際はたくさんの仕事を同時にこなしている場合が多いです。

資料作成など一つの作業をこなしながら、電話対応、上司からの指示、メール返信等、たくさんの仕事が回ってきます。

なかなか一つの仕事だけに集中というのはできないものが多いでしょう。

こういう時に、求められてくるのがマルチに仕事をこなしていく能力。

男性よりも女性の方が脳の構造上、この能力に長けているようですね。

 

人とのコミュニケーションが嫌い

デスクワークとはいえ、人と人とのコミュニケーションは必須です。

システムエンジニアの働くイメージのように、デスクワークはひたすらパソコンに向き合っているイメージがあるかもしれませんが、実際はより密に上司や顧客とのコミュニケーションを多くとっています。

なので、コミュニケーションが苦手だからデスクワークをする…というのは間違った選択と言えるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人はデスクワークが苦手といっても過言ではありません。

 

パソコンスキルが無い

次に、パソコンスキルが無い人はデスクワークが苦手な人が多いです。

パソコンスキルというのは単純にワードやエクセル・パワーポイントが操れない場合、上司から仕事が振られた場合でも、柔軟に対応することが難しくなります。

というのは、一つ一つの使い方を同僚に聞いたり、ネットで調べる必要があるからですね。

なので、使い方を調べる時間が必要になってきます

そうなると、上司が想定している以上に仕事の時間が必要になってしまい、仕事ができない人としてのレッテルが張られてしまう、つまり作業する本人も苦手意識がついてしまう場合もあります。

 

デスクワークで肩こりやめまいがする

これは、私自身もすごく感じたことではあります。

デスクワーク中の肩こりや眩暈などによる健康被害。

長時間デスクワークを行う人にとっては良くあることですが、デスクワーク中に姿勢が良くない状態で長時間作業して肩こりが発生したり、パソコンから発するブルーライトに影響され、眩暈等の健康被害が発生する場合があります。

肩こりなんて..と思うかもしれませんが、パソコンに向かって仕事する人にとっては大きな悩み。

デスクワークが嫌と言うのはこのようなことの積み重ねから感じてしまうことも多いでしょう。

 

デスクワークの仕事は楽そう?それって本当に自分に合っている?

デスクワークの仕事は楽そうに感じますよね。

しかし、楽であることが本当にいいことなのでしょうか?

仕事はきついもの…という考え方は間違っているように思いますが、ただ単に楽をしたいためにデスクワークを選択する考え方も正しくありません。

どのような仕事でも最初から楽できるものは少ない。

そのため、ある程度仕事が楽になるまでは自分自身の能力の研鑽が必要になってきます。

なので、【デスクワーク=楽そう】という考え方で仕事を選んでしまうのは間違いです。

 

仕事選びとしては、『楽しそう、面白そう』という視点で選ぶべきでしょう。

仕事とは言え、【興味】の観点は大切です。

『好きこそものの上手なれ』とは言いますが、全く興味のない仕事についてしまっても、毎日が苦痛であることは容易に想像できます。

もちろん、その仕事に関わっている中で『面白さ』を見出すことができる場合もあるでしょうが、そう運よく自分に合った仕事が見いだせる可能性はかなり低い。

まずは、その仕事を調べ、どのような仕事なのかを人に聞きながら仕事している様子などを見せてもらうことが一番いいのではないでしょうか。

その仕事の様子からイメージを膨らませ、興味を持つことができれば、自分に合った仕事になるかもしれません。

 

 

デスクワークが苦手な人の対処法

では、デスクワークが苦手な人はどのような対処をしていくべきでしょうか。

苦手な人の対処法について記載していきます。

苦手意識の克服

まずは苦手意識の改善が必要です。

元々苦手意識が存在してしまっては、苦手を克服しようという行動にも繋がりません。

『私はパソコンが苦手だから…』という意識を持っていると、それを理由に仕事が遅れてしまったり、仕事を振られたときに必要以上にパニックになってしまう場合もあります。

そのため、まずは”苦手”という意識から”改善”という意識に切り替えてみましょう。

意識を変えるだけでも、景色は大きく変わっていきますよ。

 

集中する練習をする

次に、集中する練習をすることです。前述しましたが、デスクワークが苦手な人は集中することが駅ないことが原因の場合があります。

その場合は、ひとまず集中する練習をしてみましょう。

まずは10分からスタートして、集中することができたら次は5分ずつ集中すると決めた時間を上げていきます。

これだけで集中できる時間がアップします。

地道な作業ですが、こういったことの積み重ねがデスクワークの苦手意識が取り除かれる要因にもなるでしょうね。

 

職場でのコミュニケーション力を鍛える

デスクワークとはいえ職場でのコミュニケーションは不可欠です。

なので、もしデスクワークが苦手な人は優先的にコミュニケーションを改善事項に加えましょう。

コミュニケーションの改善とは言っても難しいことは何もありません。

まずは、職場で”あいさつ”をすることからです。

あいさつはコミュニケーションの頻度を増やすことに直結します。

コミュニケーションって誰でもできることなのに、出来なくなる理由としては会話の頻度が少ないことが原因です。

まずは”あいさつ”の頻度を増やし、相手との会話のタイミングを増やしてみてはいかがでしょうか。

 

体調を改善する

デスクワークで肩こりや眩暈が発生する場合は、姿勢や取り組み方に原因があります。

デスクワーク中に首が前に出ていませんか?

パソコンの文字が見えづらいために首を前に出してしまう体制を続けていると、頭の重さで自然に肩こりが発生します。

また、ブルーライトの発生で眩暈や目の疲れが発生するならブルーライトカットのある眼鏡を使用してみましょう。

それだけでも大分楽になると思いますよ。

 

デスクワークで作業効率を上げる方法

では、デスクワークでの苦手意識の改善のために、もっと作業効率を上げるようにしてみましょう。

苦手意識は誰かから褒められ足り、仕事が速くなって評価されることで、もっと仕事が楽しくなることがあります。

ちょっとしたことで作業効率は改善できるので、これを試してみてください。

作業時間の意識

まずは、作業時間の意識です。

今行っているデスクワークで上手くいかない場合は、作業時間の意識を意識できていない場合があります。

いつまでもダラダラ仕事をしていたり、”いつまでに”仕事をしなければいけないかのスケジュール管理ができていなかったり、また、途中で仕事が入ってきても、本来の自分の仕事の期限を忘れてしまっていたり。

常にタイムマネージャーが自分の頭の中にない人もいるので、そこは常に時間を確認する意識を身につけましょう。

行動ごとに時間を見る意識を付けてもいいかもしれませんね。

 

作業環境を確保する。

環境が影響する問題は様々な理由がありますが、何かしらの影響によって自分の集中する意識がそがれてしまうのであれば、その要因を取り除くようにしましょう。

物の影響がある場合はそれをどこか目のつかない場所に移動したり、作業机の場所に問題がある場合は上司に相談して移動させましょう。

自分の机で作業できないのであれば、別の場所を選択することも考えに置きましょう。

こういった行動は”できない”と考えがちですが、はっきりとした問題があるのであれば、変更可能ですので、どんどん試していきましょう。

出来るだけたくさんの人に相談するのが有効ですね。

 

良い上司を選ぶ

何より、いい上司を選ぶことは重要です。

上司は本来、部下の作業を効率化するといったマネジメントの役割がありますが、無能な上司の場合は本来のその能力は失われ、非効率的な影響しか受けない場合があります。

めんどくさい仕事を振られたり、自分自身の機嫌の良しあしによって言うことや行動を変えたりする上司がいては、仕事は嫌になりますよね。

上司は選べないものと考えがちですが、それは異なります。

そもそも、働いて稼ぐとは、雇われてお金をもらうことでは無く、自分の価値を会社に売ることを指します。なので、売る相手が嫌だと思ったら断るべきなのです。

上司を変える方法として単純なものは部署の異動です。

部署の異動が難しい場合は転職を考えてみても良いでしょう。

自分をどれだけ効率よく作業できる環境に身を置くかが最も重要です。

 

仕事が合わない時は転職という判断もあり!

それでも、今のデスクワークでの仕事が苦手・合わないと感じたのであれば、転職サイトに登録しておくことをオススメします。

というのは、人には何かしら苦手な分野があるものです。

その分野の能力を上げようとするには長い年月がかかります。

それでもいいと考えるなら別ですが、もしその苦手分野で働いている状況から少しでも抜け出したいと考えるなら、転職を考えるべきかと思います。

だったら、別の自分に合う仕事で働いた方が、精神的にも金銭的にも効率的に働くことができますよね。

 

現在では、転職サイトは登録するだけなら無料ですし、自分の希望にあう仕事だけをピックアップして送られてきます。

どんな仕事があるかだけでも見ておくと、思わぬ良い職場が見つかるかもしれません。

 

おすすめの最新転職サービス「就職Shop」

就職Shopはリクルートが運営する、若者向け就職支援サービスです。

リクルートの就職SHOPのおすすめポイント
  • 書類選考なしで簡単就職!
  • 都内なら直接相談可能
  • 正社員転職で高定着率
  • 8,500社以上の求人を紹介
  • 模擬面接&内定までサポート!
求人数 [star rate=”3″]
職種の種類 [star rate=”4.5″]
転職サポート [star rate=”5″]
総合評価 [star rate=”4″]

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ