仕事・転職

仕事が合わない場合の対処法!転職・退職すべき?リスクや辞められない理由は?

この記事では仕事が自分に合わない時の対処法について記載していきます。

会社などで『自分にはこの仕事は合わない・向いていないのではないか?』そう思うタイミングってたくさんありますよね。

仕事や人間関係が上手くいかなかったり、金銭的問題だったり。

仕事自体を続けるべきかというところまで考えることもあるでしょう。

そういった場合、果たしてどのような判断をすべきなのか。

仕事が合わない時の対処法を考え方を元に記載していきます。

 

仕事は合わないと感じるのはなぜか?

この記事を読んでいる方のほとんどは、今就いている仕事が合わないと感じていると思います。

では何故、仕事が合わないと感じるのでしょうか。

仕事が合わないと言ってもおそらく理由はそれぞれ人や状況によって異なるでしょう。

ポジティブな理由もあればネガティブな理由もあると思います。私自身、勢いで入ってしまった会社はホントに合わないと感じることも多かったです。

では、合わないと感じる理由について見ていきます。

 

給料が低い

一つ目の理由として、給料が低いことです。

どれだけ頑張って働き続けても、給料が低いままだと自分の事をしっかりと見られていない・評価されていないのでは?と感じることもあるでしょう。

そうなると、『自分が望むような評価がされない環境』である場合が多いと思います。

しかし、評価制度に満足出来ないという意味では『仕事が合わない』と感じてしまうでしょうね。

 

仕事内容が合わない

次に、仕事内容です。

仕事内容って会社に入ってみないとわからないところがありますよね。

最初、今いる会社に就職した時は全く異なるような内容の仕事を任されてしまうということは当然あります。

おそらく人事によって振り分けられたポジションなのでしょうが、『自分のやりたいことでは無い』と感じてしまうこともあるでしょう。

そもそも自分の不得意な分野の仕事をあえて任されることもあると思います。

数年間の辛抱だ…と決めていたとしても、具体的にいつまで頑張ればいいのかもわからない。

であれば、仕事が合わないと感じてしまうのも頷けます。

 

人間関係の不満

次に、人間関係の不満です。

僕の中では人間関係って”運”なんですよね。いくら会社に入る前から会社の事をよく調べていても、配属された場所にどのような人が働いているかまではわかりません。

会社にはいろいろな人がいますからね。

 

そもそも最初から1つの会社で始まっていたならまだしも、合併などによって他の会社からも人が入ってきたり、派遣社員が常駐していたりすると、まさに様々な人が働いていると言えるでしょう。

そんな中で人間関係の構築スキルは必須ですが、やはり上手くいかない場合もあると思います。

これは仕事が合わないというよりも、人が合わないと思うべきですが、初めて入社した会社がそのような人ばかりだと、『仕事が合わない』と感じてしまってもおかしくないでしょうね。

 

労働時間

労働時間も会社によってマチマチです。

定時に出勤し定時に終わる会社もあれば、朝早くから出勤し日付が変わるまで働く会社もあるでしょう。

これは任された仕事内容や会社のジャンルによっても異なると思います。

プライベートも大切にしたい人にとっては定時で仕事を切り上げられることが望ましいですが、どんどん仕事をしたい人にとっては、定時上りはなんだか必要とされていないように感じるかもしれませんよね。

ただ、たいていは労働時間が長すぎるということから、体調にまで影響してしまったということが多いのではないでしょうか。

 

社風

会社全体の社風・将来性というところも『仕事が合わない』の要素になり得ると思います。

社風に関しては1つの職場でしか働いたことが無いのであれば、実感しにくいものですが、それでも会社の雰囲気くらいは数年間働いていたらつかめてくるものですよね。

そのうえで、社風が自分の方針と合わないということもあるでしょう。

就職活動の時にはその社風が良いと思っていても、実際に働いて見ると違ったということも十分あり得ることかと思います。

 

将来性がない

将来性がない会社というのも、仕事が合わないことに繋がるかと思います。

実際、将来性がないけれども現在の仕事を離れるわけにいかず、動き続けているという会社はありますよね。

しかし、社員は危機感を感じていても、会社全体としての動きを止めることは容易ではありません。

そのため、会社の方針と自分の方針が合わないということから、仕事が合わないと感じることもあるでしょう。

 

他にやりたいことができた

これは、実際に『仕事が合わない』のではなく、他にやりたいことができてしまった時の言い訳として『仕事が合わない』と思ってしまっているケースが多いかと思います。

隣の芝生は青く見えるとも言いますが、今の環境(方法)よりも良いように思う環境(方法)を知ると、今の環境のダメなところを出してしまうことがありますよね。

その場合に、仕事が合わないということを理由にしてしまっているんですね。

 

仕事が合わない時は続けるべき?辞めるべき?判断基準は?

では、現在働いている仕事が合わないと感じたときは、その仕事を続けるべきなのでしょうか。

続けた場合とその他の手段について見ていきます。

続けた場合

合わないと感じていても、お仕事を続けた場合では、おそらく現状維持とはならないはず。

考えてみてください。合わない、やりたくないと感じている仕事を続けていて、自分にプラスになるメリットはあるでしょうか。

おそらくないでしょうね。

仕事に耐え続けてやりがいを見出す例もあるでしょう。

しかし、実際にはそういった耐え続けて何かしらのやりがいを見出す場合というのは、仕事に関して何かしらの芯を持って働いている場合に限ります。

例えば役職をあたえられており、努力するも結果だけが付いてこない場合には、耐え続けることで未来が見えてくるかもしれません。

しかし、単純に合わないと感じているのであれば、ただ辛い日々を送るだけになるでしょう。

 

その他(退職や転職をした場合)

では、その他の場合、つまり、会社を辞めたり、転職を行ってみたりする場合です。

職を変えるとなると、自分にもリスクがあるようにも感じます。転職を経験した人にとってはイメージが付きやすいかもしれませんが、仕事をやりながら新しい仕事を探すのは容易ではありません。

しかし、それによって転職が成功した場合、新しい環境と価値観に触れることができます。

『やはり私の考え方はあの会社には合ってなかった』

と思うかもしれないし、

『あの会社で良かったのかもしれない』

と思うかもしれません。

 

一つ言えるのは、合わないと感じたことによって転職をすることは、自分自身の成長に繋がるので『失敗』ということは無いんです。

転職によって得られるものは大きい。これまでは一つの会社に固執していて他の会社の状況が分からないまま、盲目に仕事をしていたのに対し、何かしらの新しい発見が生まれる。

それだけで人間として成長できるのです。

そのため、職を変えるべきかの判断基準としては、自分自身が人間として成長したいかどうかというところではないでしょうか。

 

 

辞めた場合のリスクはどうなる?

では、現在の仕事を辞めた場合のリスクはどの程度あるのでしょう。

厳密にいえば、生活環境へのリスクは少なからずあるかと思います。

 

例えば、他ただ辞めた場合のリスクとしては、金銭的問題が発生します。しばらくは失業保険等がもらえるかもしれませんが、一定の期間のみです。

また、新たに就職先を見つける場合でも、その失業期間中の活動について突っ込まれる可能性があります。再就職のリスクが発生しますね。

もし結婚されている場合だと、退職をする場合はある程度の蓄え等も必要になってくるでしょう。

 

次に、転職の場合のリスクとしては、単純に時間です。

新たに転職先を見つける時間は働きながら確保する必要があります。

なので、かなり忙しいスケジュールになるのではないでしょうか。

新しい環境に移動する分、時間的リスクはつきものですよね。

 

退職は悪いこと?会社への影響は?

サラリーマンの方でこの考え方を持つ方がたくさんいるように思います。

退職すること自体が悪いことだという考え方です。

確かに、退職をするとなると、事務作業も増えるし、そのお仕事が他の誰かにのしかかるとなると、なんだか申し訳ない…と行く気持ちになるかもしれません。

また、古くからの考え方を持つ会社ならば、退職や転職するということ自体、『あり得ない』と思っている人もいるかもしれません。

しかし、それって本当に悪いことなのでしょうか。

 

退職や転職は悪いことでは無い

 

現代では、むしろ転職してキャリアアップを目指すべきという広告がたくさん流れているし、退職や転職が悪いことという考え方はまずありません。

更に、他の人への負担になるという考え方が間違っています。

というのは、『自分は会社に雇われている』という考え方になってしまっているんですね。もし、自分にあった会社で働きたいと思うのであれば、『自分が会社を選んでいる』という考え方を持つべきかと思います。

もし、客観的立場で言うなら、モヤモヤした状態でやりたくもない仕事をしている人がいるほうが、『迷惑』に繋がるかもしれません。

よりよい環境を求めて働き方を変えるのはずっと良いことだと思います。

 

 

仕事が合わないと感じるのに辞められない…なぜか?

とは言っても、仕事が合わないと感じているのに、仕事を辞められない人も一定数いることは確かです。

この状況を推測するに、2つの理由が考えられます

 

自分にはここしかないと思っている(諦めている)

一つは、新しい仕事への諦めです。僕もそうでしたが、現在の職場環境において仕事や人間関係が上手くいかなかった場合、他のどの会社に行っても同じなのではないか、、、と、思ってしまうこともあるでしょう。

その場合には、転職したくてもやめられない状況になるかもしれません。

そんなことはない…と、言いたいところですが、ネガティブな気持ちのままの転職は確かに失敗しやすいかと思います。

そういった場合には、副業を始めてみるのも一つの手段かもしれません。

自分で仕事を見つけ、稼ぐ面白さを実感すると、仕事をすることへの自信に繋がると思います。

 

実際は転職や退職したくない(変化を嫌っている)

2つ目のパターンとしては、深層心理として変化を嫌っているパターンです。

日本人は本来、変化を嫌うそうですね。なので、出来れば波風を立てず、状況が好転することを願う人が多いでしょう。そのため、仕事が合わないと思っていても、転職や退職をするほどではない…という場合です。

その場合は、なんだかんだ言っても、現在の仕事である程度満足している場合もあります。

無理に退職や転職をする必要はありません。

仕事が合わないという気持ちが溢れたときに行動すればいいんです。

 

仕事が合わない時は転職という判断もあり!

少しでも、今の仕事が合わないと感じているのであれば、転職サイトに登録しておくことをオススメします。

というのは、仕事が合わないと感じているのであれば、何かしら自分にとって『合う仕事』や『やりたい仕事』のイメージがあるはず。

残念ながら、仕事が合わないと感じていたとしても、職場環境や人間関係が明日の朝から急に変わる事は決してありません。

それでもいいと考えるなら別ですが、もしその環境から少しでも抜け出したいと考えるなら、転職を考えるべきかと思います。

 

現在では、転職サイトは登録するだけなら無料ですし、自分の希望にあう仕事だけをピックアップして送られてきます。

どんな仕事があるかだけでも見ておくと、思わぬ良い職場が見つかるかもしれません。

おすすめの最新転職サービス「就職Shop」

就職Shopはリクルートが運営する、若者向け就職支援サービスです。

リクルートの就職SHOPのおすすめポイント
  • 書類選考なしで簡単就職!
  • 都内なら直接相談可能
  • 正社員転職で高定着率
  • 8,500社以上の求人を紹介
  • 模擬面接&内定までサポート!
求人数 [star rate=”3″]
職種の種類 [star rate=”4.5″]
転職サポート [star rate=”5″]
総合評価 [star rate=”4″]

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ