仕事・転職

不動産エージェントへの転職理由や仕事内容は?スキルは必要?休日がないってホント?

今回は 不動産エージェントへの転職について記事を書いていきますね。

転職の選択肢として不動産エージェントを考えたときにこんな悩みが出てくると思います。

  • 不動産エージェントって具体的にどんな仕事なの?
  • 休日がないって聞くけどホントなの?
  • 不動産の基礎知識はやっぱり必要?

と、疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事となっています。

というのは、これから実際に不動産エージェントへの転職を成功された方にインタビューし、その経験について紹介してもらいます。

不動産エージェントの仕事やスキルについて具体的に記載していきます。

この記事を読み終えることで、不動産エージェントのお仕事と、不動産エージェントへ転職先に選んだ理由や最低限どのようなスキルが必要か?について理解を深めることができるでしょう。

 

不動産エージェントの仕事内容

不動産エージェントの仕事内容は大きく分けて賃貸と売買の2つの仕事があります

賃貸

1つは賃貸。

賃貸はお部屋をかりたい向けに、条件にあった物件を紹介して入居していただくお仕事です。

条件は人によって異なりますのでいかにその人に合った部屋を提案できるかが求められてきます。

入居したらそこでおしまいという訳ではなくその後もトラブル等が発生した場合は適宜対応していきます。

退去の際も対応しますので長いスパンでお客様とお付き合いします

 

売買

売買は不動産を投資目的等で購入される方のサポートをします

新しく建つ物件の魅力をお伝えしつつ購入後のアフターフォローまで包括的にサポートをすることが多いですね

法人と個人共にお客様となるため、様々な方に会いつつ不動産の魅力をお伝えする仕事です。

 

不動産エージェントの将来性

不動産エージェントの将来性不動産は、上がり下がりがありますので難しいところではありますが将来性はあるといえます

特に都心や人が多く集まるところでは不動産はまだまだこれからでしょう

賃貸に関しては衣食住の住を担っている仕事です

住む場所を探している方は必ずいますのいくら今後、AI等のテクノロジーが発達してきても住む場所は必要ですので無くなるような仕事ではないと思います

不動産売買においても将来性があると思います

物が溢れている時代ですので人々は娯楽や投資にお金を回すようになるでしょう

そうなると不動産に関しても注目されると思います

近頃では積立投資やビットコイン等の投資話がよく聞こえるようになってきましたので人々の投資への関心は増してきているでしょう

よって不動産業界としても将来性はまだあると思われます

 

不動産エージェントに転職するための必要なスキル

不動産エージェントに転職するために必要なスキル一番必要なスキルはやはり営業スキルです

営業スタイルは人それぞれで良いと思いますが基本的なコミュニケーション能力であったり社会人としての常識的な振る舞いが自然にできていることは大切です

不動産エージェントは様々な方に会います

特に売買では社会的に地位のある方とも会いしますのである程度の対応力は必要です

相手が何を求めているのかを把握し満足させるスキルが必要です

また不動産ですので基礎的な知識が必須です

会社に入ってからやりながら身につけても良いとは思いますが時間をみつけてコツコツ勉強する必要もあると思います

特に売買は利回り等投資的な面もありますのでリスクも含めて学習が必要です

 

不動産エージェントへの転職理由

不動産エージェントへの転職理由以前は金融機関に勤めておりましたが人口減少や金利政策による収益減で今後は厳しい業界になるだろうと思い転職を決意しました

転職先として不動産エージェントを選んだ理由は様々な方と会い出来るからです

特に売買では社会的に地位のある方や裕福な方などプライベートではなかなか会えないような方と会うことができます

そのような人達を相手に仕事をすることで自分の営業スキルを上げ成長していきたいという思いから不動産業界を選びました

また不動産は投資の側面もありますので金融機関で培った力も少なからず活かせるだろうと思っていました

総合的に見て自分の求めていた仕事と不動産業界がマッチしていました

 

不動産エージェントに転職して良かったこと

転職してよかったことは、やはり転職前のイメージと実際の業務内容が大方合っていたことです。

具体的には様々な地位のお客様とお会い出来ますし、仕事を通して不動産投資や税金面に関しても学べますので、実際毎日仕事としてにやっていることが自分のためになっているなと感じられるのが転職してよかった点です。

転職前に業界研究をしっかり行えたのが良かったのだと思います。

また、前職に比べて自分の好きなようにアポイントを入れたり、とにかく自分のやり方で仕事をできることが良かったと思います。

前職は金融機関で働いていたため、ある程度形式的で型に沿った仕事を仕事をしなければなりませんでした。

不動産エージェントの働き方のほうがより自分にあっていると思います。

 

不動産エージェントに転職で失敗したなぁと思うこと。

転職してから失敗したと思ったことを挙げるとすれば休日に関してです。

転職前からカレンダー通りの休みではないことは承知の上でしたが、いざ働いてみるとなかなか大変で最初のうちは体がついて行かなかったです。

アポイントの関係で土曜や日曜が休みでなくなったり、急な用件やトラブルの発生により休日に対応しなければいけない場面がたまにあります。

もちろん代休はもらえますのでそこでうまく調節する感じです。

オンとオフの切り替えがなかなか難しいので、人によっては合わない方もいらっしゃると思います。

また、以前は金融機関に勤めていましたので、福利厚生を比べてしまうとどうしても転職後のほうが劣ります。

そこまで重要視していなかったのですが、やはり福利厚生も大切だなと転職後に改めて感じました。

 

 

あなたにオススメ!

もし現在、転職エージェントを探しているのであれば、以下の転職エージェントがお勧めですよ。

年収1000万以上の求人も多数募集しているクローズドな転職エージェント『Life Career Vision』さんです。

①あらゆる業種に特化したキャリアコーディネーターが在籍

総求人数約2000件、年間面談数も350件以上の各業種に特化した専任のキャリアコーディネーターが待機している転職エージェントです。

書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、応募者の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率が高くなる場合があります。

担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

 

この記事を見ていただいた方だけにご紹介している転職エージェントです。

転職サポートに興味がある方はこちらからどうぞ!

※以下の非公開パスワードをご使用ください。

PASS:AA1831

転職エージェントに興味がある方はこちらから

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ