仕事・転職

損害調査への転職理由や仕事内容は?ブラックってホント?

今回は損害調査への転職について記事を書いていきますね。

損害調査への転職を考えたときにこんな悩みが出てくると思います。

  • 損害調査って具体的にどんな仕事なの?
  • どんなスキルが必要なの?

と、疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事となっています。

なぜなら、これから実際に損害調査に転職を成功された方にインタビューし、その経験について紹介してもらいます。

損害調査の仕事や必要なスキルについて具体的に記載していきます。

この記事を読み終えることで、損害調査のお仕事と、未経験からでも働ける理由について理解を深めることができるでしょう。

 

損害調査員の仕事内容

損害調査(アジャスター)係の仕事内容九州トラック交通共済協同組合での損害調査係の仕事の内容は九州トラック協会に属する組合員(運送会社)法人を対象としたいわゆる自動車保険事故処理を担当する損害調査とそれに付随する交渉業務です

対応する共済種目は対物賠償事故の調査が私の業務でした

例えば契約者(組合員)第三者の車に接触し損害を与えた場合第三者の車の損害を調査するのが損害調査係の業務となります

対人事故(いわゆるケガ)については別の担当者になります

業務の流れとしましては契約者(組合員)より事故の報告を受け事故受付を行います

次に相手の車が修理のため入庫した修理工場に立会調査に伺います

そして損害確認を行いますその損害状況を写真に撮ります

そして会社に戻り査定オンラインにて損害の金額を算出致します

後は加害者と被害者の事故の状況申告に相違がない事を確認して過失割合を判例タイムスを活用して算出致します

過失割合が決定したら示談書を取り付けます

示談書が揃ったら損害額のうち契約者(組合員)負担すべき過失割合分金額を修理工場に支払います

と、こういった業務になります

損害調査の将来性

九州トラック交通共済協同組合の損害調査係の将来性を考えた場合どちらかというと将来性は無いと思います

損害保険会社にこの職種があるのですが但し損害保険会社の正社員ではなく別会社の損害調査職員としての雇用形態になりますので給与所得や福利厚生の関係で厳しい状況にあります

正社員よりハ-ドな労働条件なのに待遇面では厳しいのです

更にはPCスマホ等の普及やドローンの活用等から損害調査職員は以前のように実際に立会調査をするケースが相当に減少しているのです

損害保険会社や共済協同組合が割り切れば修理工場さんと契約してカメラ等を活用して損害調査をする事も可能となります

そうなれば必ずや人件費削減の運びとなってくるのは間違いなしです

 

損害調査に転職するための必要なスキル

損害調査(アジャスター)転職するための必要なスキルこの職種につこうとする場合自動車の構造や部品等の名称一般価格等は知っておく必要があります

ちなみに見習技術アジャスターの試験で出題される問題のレベルは3級自動車整備士資格試験及び自動車車体整備士資格試験程度とされています

2016年度の合格率3割です

資格の入り口としては高いハードル設定になっています

しっかりと試験勉強をしないとnoという事だと思います

特殊車アジャスターという職種もあります

特殊車アジャスターは建設機械などの様に特殊な構造や用途の自動車が起こした事故の調査をする為の資格です対象の自動車が違うだけで実際の業務内容は技術アジャスターと変わりません

前述したようにアジャスターは業務の1つとして事故の損害額を調査します

事故車両を実際に見て修理費用を見積もる事もあれば画像だけで見積もる事もあります

その業務の一環としてディーラー等の修理工場が出した修理費用の見積の査定も行います

その金額がアジャスター本人が見積もった金額と比較して妥当なものなのかという事をチェックするんです

そして両者の金額に開きがあれば修理費用の交渉をアジャスター・修理工場間で行うのです

 

損害調査への転職理由

前職が損害保険会社の総合職だった事からキャリアを活かし経験値を最大限活用してハンデを感じずに日常業務に邁進できると思った事が一番の理由になります

バランスや経営状況については知らなかったので会社訪問面接でしっかり質問をして把握しようと思いました

 

 

損害調査に転職した時に上手くいったこと

損害調査アジャスター係に転職して上手くいったこと私は前職が大手損害保険会社の総合職所属部署は損害調査部火災新種課14年間勤務しました

火災保険新種傷害医療保険等を担当していました

原因調査から損害調査損害額算出協定までこなしていました

自動車保険以外の保険を全て担当する部署なんです

まずはその職務経歴が十分に活かされた事は確かです

建物の構造や部材の名前修理方法や一般的な金額を習得地震保険の事故処理交渉示談協定ケガや病気の簡単な治療法や身体部位の名称等を習得していた事

これらは担当者としての評価を上げるのに役立ちました

また前職での役職が課長代理出会った事は管理者としての評価をされました

あとは行政書士試験に合格していた事も大変評価されました

 

損害調査に転職した時に失敗したこと

損害調査係として採用され私が配属されたのは地方都市の支所でした

これは私の今回の転職において最大のデメリットでした

支所の職員は担当者である私とサ-ビス業を60歳で退職した所長で交通事故や保険共済など全く未経験な人物だったからです

担当は営業でした保険共済について未経験だけならまだ良かったのですがこの所長は人と交渉する事や折衝する事が出来ない人だったのです

相手が大声で怒鳴っていたりすると何も言えなくなるのです

そのため電話を全く取らないんです

また契約者組合員さんの所で共済の事や事故の相談等で問合せを受けると、すぐに私に電話をかけてくるような人だったのです

契約の件数事故受付の数にしてもめちゃくちゃ少ないのですが毎日めちゃくちゃ電話対応に私だけが追われる職場でした

会社にブラックであると感じることは無いですが、やはり人付き合いには運はありますね….

 

 

 

あなたにオススメ!

もし現在、転職エージェントを探しているのであれば、以下の転職エージェントがお勧めですよ。

年収1000万以上の求人も多数募集しているクローズドな転職エージェント『Life Career Vision』さんです。

①あらゆる業種に特化したキャリアコーディネーターが在籍

総求人数約2000件、年間面談数も350件以上の各業種に特化した専任のキャリアコーディネーターが待機している転職エージェントです。

書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、応募者の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率が高くなる場合があります。

担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

 

この記事を見ていただいた方だけにご紹介している転職エージェントです。

転職サポートに興味がある方はこちらからどうぞ!

※以下の非公開パスワードをご使用ください。

PASS:AA1831

転職エージェントに興味がある方はこちらから

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ