仕事・転職

 ITエンジニアへの転職理由や仕事内容は?未経験でもOK?給料が気になる!

今回は ITエンジニアへの転職について記事を書いていきますね。

ITエンジニアへの転職を考えたときにこんな悩みが出てくると思います。

  •  ITエンジニアって具体的にどんな仕事なの?
  • 未経験OKって書いてあるけどホントなの?
  • 給料が割に合わないって聞くけど実際どうなの?

と、疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事となっています。

というのは、これから実際に未経験の状態から ITエンジニアに転職を成功された方にインタビューし、その経験について紹介してもらいます。

ITエンジニアの仕事やスキルについて具体的に記載していきます。

この記事を読み終えることで、 ITエンジニアのお仕事と、未経験からでも働ける理由について理解を深めることができるでしょう。

 

ITエンジニアの仕事内容

ITエンジニアの仕事内容は案件ごとによって変わってくるのですが私がやっていたのは客先常駐の案件で基本的に客先から依頼されたことをやっていくという内容でした

システムの開発から運用まで幅広く業務をしており開発は客先が作りたいと思っているシステムについてヒアリングをそこからどのようなシステムにしていくか提案をして見積書を作成し承認を得るといった仕事内容でした

運用は手順書はマニュアルに従ってシステムを運用していく仕事で基本的には毎日同じことの繰り返しです

客先常駐ということもあり本社との連絡を頻繁にする必要があったので週に一回は客先での仕事終了後に帰社して上司とミーティングをするという仕事もあったのです

 

ITエンジニアの将来性

ITエンジニアの将来性はとても有望で現在でも人手不足が深刻な業界であるにも関わらず少子高齢化の影響で今後より人手不足が進行し経験のある人材は引っ張りだこになるはずです

すでに簡単なシステムや運用の一部を外国人に依頼することで人手不足を解消する動きもあるのですが特に運用はコミュニケーション力が重視されるので日本人の人材は重要視されます

ITエンジニアの業界では大手企業のシステム運用など急に仕事がなくなってしまう心配がなく長期的に安定して仕事があるのでその点でも将来性が有望だと言えるでしょう

システム開発などはスキルが必要となるので経験が大切となるのでしっかりとITエンジニアとして経験を積めば将来的に安定して収入が得られる可能性が高いです

 

ITエンジニアに転職するための必要なスキル

ITエンジニアに転職するためのスキルですがシステム開発がしたいのであるならば相応のスキルと経験が必要となってきます

開発では会社によってどの言語のスキルが必要とされているかが違うので転職の際にはきちんと確認する必要があります

システム運用ならばスキルは必要なくスキルというよりも年齢や健康状態が重視されます

未経験でももちろん採用してもらうことは可能です。ただ、入社後のスキル習得は重要だと思います。

20代であれば積極的に採用をしてもらえてスキルがあれば入社後に任される案件が上流工程になりスキルがない人は運用などに回されることが多いです

人手不足の業界なのでスキルは持っていると優遇されますが必ずしもないといけないものではなくどちらかといえば年齢の方を見られることが多くなっています

 

 

ITエンジニアへ転職した理由

元々趣味でプログラムなどを作ることをしており以前していた仕事が大変で嫌になってしまったのでITエンジニアに転職してみようと思いました

仲が良い友人にITエンジニアがいたので色々話を聞いているうちに私も働いてみたくなったという理由もあります

年齢もまだ25歳でスキルも少しはあり業界的に興味があったというのが転職した理由です

あとITエンジニアはスキルさえあれば年収アップも望め年功序列ではなくスキルに応じて給与も増えていくシステムとなっているのも魅力的でした

スキルさえ身に付ければ安定して高収入が望めリストラなどの心配も少なく安定しているので将来結婚した時のことを考えても転職した方が良いと思い転職しました

 

ITエンジニアに転職した時に上手くいったこと

ITエンジニアに転職した時に上手くいったことは私がやりたい業務に従事できる会社に転職できたということです

開発と運用どちらも業務を請け負っている会社だとITエンジニア経験者以外は入社後に経験を積ませるために運用に回されることが多いのですが私の場合はスキルが少しあったので開発の業務をすることができたのです

面接の時に開発の業務を希望することを明確に伝えて自分のスキルをしっかりとアピールしたおかげで自分のやりたい業務ができることになりました

最初は開発のサポートという形で仕事に従事していたのですがその期間でもスキルがどんどん身に付きさらには経験を積むこともできたのでその後の仕事もやりやすくなったのも良かったです

 

ITエンジニアに転職した時に失敗したこと

ITエンジニアに転職する時に失敗したことは給与形態をしっかりと確認しなかったということです

ITエンジニアでは給与形態を年俸制としているところもあるのですが私が転職した会社でも年俸制を採用しており残業代込みの年俸制だったため残業代が出ませんでした

あと自分のやっている業務や会社の業績に応じて年俸以外にもボーナスが出るということになっていたのですがその内容についても詳しく確認していませんでした

実際にボーナスが貰える額は一般的な企業に比べて少なかったのです

結果的に他の企業と比べて年俸が高くても残業代が出ないということとボーナスも少ないので年収的に見れば他の企業よりもちょっと少ないくらいでした

なので給与形態をしっかりと確認をしなかったのは転職の時に失敗したなと感じました

 

 

あなたにオススメ!

もし現在、転職エージェントを探しているのであれば、以下の転職エージェントがお勧めですよ。

年収1000万以上の求人も多数募集しているクローズドな転職エージェント『Life Career Vision』さんです。

①あらゆる業種に特化したキャリアコーディネーターが在籍

総求人数約2000件、年間面談数も350件以上の各業種に特化した専任のキャリアコーディネーターが待機している転職エージェントです。

書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、応募者の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率が高くなる場合があります。

担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

 

この記事を見ていただいた方だけにご紹介している転職エージェントです。

転職サポートに興味がある方はこちらからどうぞ!

※以下の非公開パスワードをご使用ください。

PASS:AA1831

転職エージェントに興味がある方はこちらから

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ