仕事・転職

プログラマーへの転職理由や仕事内容は?未経験でもOKってホント?

今回はプログラマーへの転職について記事を書いていきますね。

プログラマーへの転職を考えたときにこんな悩みが出てくると思います。

  • プログラマーって具体的にどんな仕事なの?
  • 未経験OKって書いてあるけどホントなの?
  • 残業が厳しいって聞くけど実際どうなの?

と、疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事となっています。

なぜなら、これから実際に未経験の状態からプログラマーに転職を成功された方にインタビューし、その経験について紹介してもらいます。

プログラマーの仕事やスキルについて具体的に記載していきます。

この記事を読み終えることで、プログラマーのお仕事と、未経験からでも働ける理由について理解を深めることができるでしょう。

 

プログラマーの仕事内容

プログラマの仕事内容はシステムエンジニアの人が作成したプログラム仕様書読み込んで実際にソフトを作成する仕事を担当します

全体像としてはIT営業の人が仕事を獲得してきて次にシステムエンジニアが客先で要件定義を行ってプログラム仕様書を作成その次がプログラマの出番となります

小さな会社では上記のすべてを担当する人がいることも珍しくありません

プログラム仕様書アプリケーションの見た目が定義された外部設計書ボタンが押された時の挙動などのプログラム内部の動きについて指定した内部設計書それらで使われるデータベースの仕様について書かれたDB仕様もしくはテーブル仕様あります

そのほか特定のプラットフォームやソフト上で動作させる指示がある場合基幹業務アプリケーション向けカスタマイズやクラウド対応など時は別途ソフトウェア環境仕様書用意されます

 

デザイン&プログラム作成

プログラマはまずお客様が使うソフトウェア環境に似せたプログラム実行環境をソフトウェア環境仕様書見ながら作成します

サーバーの用意や各種ソフトウェアの準備各種設定を行ってプログラムが動作する基盤やプログラムテスト環境を作成します

つづいてプログラムの外観を外部設計書基づいてデザインします

その後各ボタンが押された場合の挙動や各コントロールの入力チェックファンクションなどのプログラムの内部的挙動を実現すべく内部設計書見ながらプログラムを作成します

 

テスト

すべて終えたら各仕様書どおりに完成しているかを確認するための単体テスト全体テスト行います会社によってはその後テスターや上司部門責任者による最終チェックが行われたのち担当SEや部門責任者らが客先に納品します

プログラムの仕様変更などがあった場合には差戻しが行われ修正作業を行うことになります

納期前には大変忙しくなることが特徴で納期に間に合わせるための徹夜作業が行われることがあります

また突然のトラブル対応のため休日や深夜の出勤も珍しくない場合があります

 

プログラマーへ転職した理由

前職は証券ディーラーをしていて、職場でのパソコンの管理は自己管理でした。

プログラマを志望した理由は、万年人手が不足していて志望者が少ない業界だったこととパソコンや人工知能などに興味があったためでした。

ちなみに、会社近くにあった情報系の専門学校でプログラマコースは10人いるかいないかだったそうです。(ほとんどがゲーム・Webデザイン・漫画やアニメなどのグラフィック系の学科生だそうです)

もともと小学生時代からパソコンに慣れ親しんでいて私は抵抗はありませんでした。

ただ、転職してからプログラマの実情や将来性の厳しさを社長や部長などから学びました。

 

 

プログラマーの将来性は…

プログラマの将来性は期待される部分と厳しい部分が両方混在しています

単純に言われたこと仕様書あることだけを実装するプログラマの将来性は残念ながら大変厳しい状況にあるというのが実情でしょう

日本人エンジニアの35分の1の給料で最高学位を優秀な成績で卒業した中国やインドのエンジニアを雇用することができているためです

特に中国人エンジニアは日本語も英語も流暢であることが多くプログラム製造にかかる時間も日本人の新卒と比較して2倍3倍速の人もざらです

インド人にいたってはそもそもシステムエンジニアやプログラマとして養成されるまでの試験が超難関試験となっているため最終的にIT系の大学を卒業した人のレベルはたとえ最低成績クラスの人であっても日本人のエース級の人と双肩するくらいの実力を持っていることが多くあります

3年程度の経験を積んだ段階で一気に現場のエース級になっていくなんていうことも珍しくありません

 

最近では日本人新卒とくらべて数十分の一の給料で雇えるというミャンマーの学生エンジニアらも登場してきています

そのため日本人プログラマは仕様書の行間を読み顧客の業種の業務知識を理解して顧客が気づいていないニーズにも対応して提案やプラスアルファをつけて製造できるおもてなしできるエンジニアになるなど外国人には習得が難しい優位性を身につける必要があります

 

プログラマーへの転職で『未経験OK』の理由

日本でプログラマとして就職するために必要なスキルは特にありません

繁忙期には激務になることも多くトラブル対応や新技術の絶え間ない登場からプライベートな時間を取れないことも多いため人手不足が慢性化しています

そのせいか専門職ながら未経験OKという求人もめずらしくありません強いて言えば基本情報技術者試験取得や具体的な制作物があったほうがプログラマ職に対する適性をアピールできるので有利といえます

 

プログラマ職は数学的思考能力(論理的思考能力)英語やプログラム言語の文字列に抵抗がないことなど独特なセンスや適応性が求められるほか意外と人間関係は多くあります

将来を考えるうえでも顧客ニーズを事前に察知できる能力や顧客とのコミュニケーション能力が日本人エンジニアには強く求められる傾向にあります

 

インタビュー!プログラマーに転職して上手くいったこと

実際に基幹業務アプリケーション作成のプログラミング本を何冊かこなして実際の成果物とそのスクリーンショットを履歴書に同封して送りました

その結果面接時には好印象でした

また基本情報技術者試験の試験勉強をしていることもアピールして採用されるにいたりました

転職サイトの求人内容に株式情報を取り扱うとあったので実際に証券口座を開設して自動売買のプログラムを組んでみるなど試行錯誤していました

証券外務員資格も独学して取得し面接時にアピールしました

いずれにしても職業適性で向き不向きがはっきりと分かれる職種なので事前にこの人は長く続けられるだろう判断してもらえるような判断材料を相手に提供することが肝要でしょう

 

インタビュー!プログラマーに転職して失敗したこと

意外と人間関係がものすごく多いということ入ってから痛感したことです

プログラムの仕様書はそんな事細かに記載してあるわけではありません

顧客との交渉上かなり意味の幅を持たせてあることが通例です

そのため具体的にどれがよいかなど複数の挙動をプログラム製造前に思い描いてシステムエンジニアに都度確認しなければなりません

これを怠って自分の判断で進めていくと納期直前になってお客様の思惑やシステムエンジニアの意図と違うということになって納品前には悲惨な事態が待っています

そのほかプログラム製造業務以外にも社内業務社内での勉強会や飲み会などでかなり人付き合いは多いということをこれからプログラマを目指す人は意識しておいたほうがよいでしょう

 

 

 

あなたにオススメ!

もし現在、転職エージェントを探しているのであれば、以下の転職エージェントがお勧めですよ。

年収1000万以上の求人も多数募集しているクローズドな転職エージェント『Life Career Vision』さんです。

①あらゆる業種に特化したキャリアコーディネーターが在籍

総求人数約2000件、年間面談数も350件以上の各業種に特化した専任のキャリアコーディネーターが待機している転職エージェントです。

書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、応募者の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率が高くなる場合があります。

担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

 

この記事を見ていただいた方だけにご紹介している転職エージェントです。

転職サポートに興味がある方はこちらからどうぞ!

※以下の非公開パスワードをご使用ください。

PASS:AA1831

転職エージェントに興味がある方はこちらから

 

 

 

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ