仕事・転職

転職で年収は下がる理由!下がっても転職すべき?慎重に決断しよう

年収アップを狙って転職する人は多いですが、転職しても必ずしも給料が上がるとは限りません。

場合によっては給料が下がることもあります。では、転職をして年収が下がるのはどのようなケースなのでしょうか?

 

転職後にやりがいのある仕事ができる場合には、年収が下がっても転職を決断すべきなのでしょうか。

 

ここでは、満足できる転職とはどのような転職なのか、年収を選ぶべきなのか、それとも仕事のやりがいを求めるべきなのかということについて考えてみたいと思います。

一般的に、転職すると給料は上がるのか?

高い給料を求めて転職する人も多いと思いますが、実際転職後に年収を上げることができた人はどれくらいいるのでしょうか。

 

転職後に年収が上がるかどうかは、転職者それぞれの状況や条件によって大きく異なります。そのため、転職者の年収データを見たところで、あまり参考にはならないでしょう。

 

高い給料を求めて転職する人は多いですが、給料が上がることだけを転職の目的にして良いのでしょうか?

給料が上がる転職だけが良い転職であると決めつけることはできません。

このようなことも実際に起こり得ます。

  • 給料は上がったが仕事のやりがいを感じられなくなった
  • 仕事量が増えプライベートの時間が減って体を壊してしまった
  • 一時的に給料が上がったとしても今後昇給が見込めない

こうなると、結果的に生涯年収が下がってしまうかもしれません。

転職時の条件を考える際には、年収だけではなく他の条件との兼ね合いも十分考慮する必要があります。

転職で年収が下がる理由とは?

転職時に年収が下がるのは、どのようなケースなのでしょうか。

 

年収が下がったとしても、もっと重要な他の条件を優先したのであれば、悪い選択ではありません。どのような条件を重視すべきかについては、転職エージェントなどと相談して決めるのが良いでしょう。

 

ここでは、転職で年収が下がる理由について見てみたいと思います。

キャリアチェンジした

転職して年収が下がるのは、業種や職種を変えるなどキャリアチェンジをした場合です。

例えば、営業の仕事をしていたがノルマが厳しいため未経験から勉強しなおしてSEになった、今働いている業界は景気が悪くなってきたので別の業界に転職したなどというケースがあります。

未経験の別の業種や職種に転職する場合、未経験からのスタートとなります。そのため、給料は未経験者の給料になり下がってしまいます。

 

キャリアチェンジの転職をすると年収が下がるのは仕方がないことです。

しかし、転職後にキャリアアップができ昇給していくことで、最終的に生涯年収を上げることができるかもしれません。

年収以外の条件を重視した

転職後に年収が下がることをわかっていて、年収以外の条件を重視して転職するケースもあります。

 

例えば、転職前は高年収でも仕事量が多すぎてプライベートの時間を取れなかった、そのため、年収は下がるが休みがとりやすく働きやすい環境を求めて転職をしたなどというケースです。

 

企業の教育制度が充実している、成果がしっかり認められる評価制度であるなどの条件を求めて転職し、結果的にキャリアアップすることで年収を上げやすい環境になることもあります。

 

このように、年収以外の条件を重視することで、トータルで見ると良い転職になることもあるのです。

転職で年収が下がると後悔するかも、、、

転職して年収が下がると後悔するのでは、と心配する人もいるでしょう。しかし、年収が下がってしまっても、転職の目的が達成できたのであれば後悔する必要はありません。

 

転職して年収は下がったがプライベートが充実するようになりかえって生活が豊かになった、転職後すぐは年収が下がっても適正に評価されるようになりやりがいを持って仕事ができるようになったなどというケースもあります。

大事なのは、何を目的として転職するかということです。

 

そして、転職後に一時的に年収がアップすることだけを目的とするのは考え物です。

トータルで見て何が大事なのかをよく考える必要があるでしょう。

転職で得られるものについて確認しよう

転職をすることで得られるメリットは年収をアップさせることだけではありません。

年収アップ以外にも、転職した結果得られるものとは何なのかを考えてみましょう。

仕事のやりがい

仕事にやりがいを持つということは、意外と重要なことです。

仕事に不満を持ちつつも、プロジェクトを一つ終えると達成感を感じる、苦労は多いが少しずつ売り上げがアップしているなど、仕事にやりがいを感じている人もいると思います。

 

仕事で苦労が多くストレスを感じることがあっても、少しでもやりがいを感じる場面があれば仕事を頑張ることができるのではないでしょうか。

 

しかし、今の仕事に全くやりがいが感じられずストレスしかないというのであれば、年収が下がっても転職すべきかもしれません。

それほど、仕事のやりがいとは重要なものです。

福利厚生の向上

福利厚生制度が整った企業に転職して働きやすくなったという人もいます。

仕事量が多すぎて残業時間が長く体を壊す人が多いが年収が高い会社と、年収は普通だが仕事量が適切で社員の健康を考えてくれる会社では、どちらが良いでしょうか?

 

年収が高い前者の方が良いに決まっている、という人もいるかもしれません。しかし、長い目で見れば無理なく働ける後者の方が良いと考える人も多いはずです。

 

転職の条件として年収だけを考えるべきではありません。

自分が健康な状態で無理せず長く働くことができなければ、子供の出産や教育、マイホームを建てるなどの人生のイベントに対応することが難しいでしょう。

 

このように、社員が働きやすい福利厚生制度の存在は、とても重要な条件です。

有給休暇が取得しやすい、育児休暇や時間短縮勤務などライフスタイルに合わせた勤務形態を選べる、健康診断や人間ドックが無料で受診できるなど、企業によって様々な福利厚生制度があります。

年収が下がっても社員の満足度が高い福利厚生制度を求めて転職する人は、意外と多いのです。

スキルアップできる環境

スキルアップができる環境を求めて転職するという人も、とても多いです。

 

スキルアップが可能な仕事をさせてもらえる企業に転職することで、最初は年収が下がってもスキルと実力を身に付けて徐々に年収を上げることもできます。

 

スキルアップができない職場でいつまでも働いていても、年収は変わりません。

 

しかし、転職時は年収が下がってもスキルアップすることで、最終的には転職した方が年収を上げることができるケースは多いのです。

年収が下がる場合は慎重に転職しよう

  • 仕事のやりがいが得られる
  • 福利厚生が良くなる
  • スキルアップができるようになる

このような他の条件が良くなれば、年収が下がっても転職する価値があることをお話ししました。

とは言っても、年収が下がる転職を決断する際には、慎重に状況を見極める必要があります。

 

転職先の企業と年収交渉をする際には、具体的にどれくらいの年収になるのか、なぜその年収になるのかをしっかりと話し合うべきです。

しかし、転職時に年収の話をあまりせずに転職してしまう人は意外と多いです。

 

日本人は、自分からお金の話をすることが「恥ずべきこと」だと考えることが多いからです。

 

ですが、お金の話は最も重要です。年収が下がる転職をするならなおさら、その理由を明確にして納得した上で転職を決めるようにしましょう。

失敗しないための転職サイトが転職エージェント

転職時に転職後の年収をはっきりさせる、年収を選ぶべきか他の条件を選ぶべきか検討するなど、転職で失敗しないためには様々な条件を慎重に考える必要があります。

 

しかし、転職しようとしている人の多くは仕事をしながら転職活動をしています。そのため、非常に忙しく、転職活動になかなか時間を割くことができないでしょう。

 

そこで、おすすめしたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントに登録すると、転職のプロであるキャリアコンサルタントがサポートをしてくれます。あなたのキャリアや希望条件をしっかりとヒアリングし、条件に合った求人を紹介してくれます。

 

転職相談にも乗ってくれますから、年収がダウンするが条件の良い転職をすべきか、条件がマッチする求人はどんな求人なのかなどのアドバイスを受けることができます。

 

このように、転職エージェントのキャリアコンサルタントは、非常に頼りになります。

転職活動で失敗したくないのであれば、ぜひ登録してみてください。

まとめ

転職して年収が下がるケースでも、仕事のやりがいがアップする、福利厚生の条件が良くなる、キャリアアップすることができるなど他の条件が良くなり、結果として転職が成功することもあります。

 

目先の年収のアップダウンに惑わされず、生涯年収で考える、長い目で見て働きやすい職場を選ぶなどという観点を持つことは非常に重要です。

 

年収と他の条件の兼ね合いを考慮して自分に合った求人を見つけるためには、転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

転職のプロであるキャリアコンサルタントに相談することで、希望条件にマッチした求人を見つけることができるでしょう。

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ