仕事・転職

【転職が決まらない人の特徴】仕事を辞めたい..内定を勝ち取る方法とは?

にゃんこ
にゃんこ
仕事を辞めたいのに次の転職先が決まらない~!
つっつん
つっつん
うん、確かに働きながらの転職活動は大変だし、タイミングの問題もあってなかなか決まらないですよね。けど、転職がスムーズに決まらないのは別の理由があるかもしれませんよ

職場やプライベートで何か事情があって、すぐにでも仕事を辞めたいのに転職先が決まらないという人は多いようです。

『なぜ転職先が決まらないのか?』この記事では転職が決まらない人の理由や特徴などをまとめてみました。

転職が決まらない問題

残業でイライラする人の対処法

働いていると、何度か「会社を辞めよう」という選択肢を考える場合がありますよね。

もちろん、『キャリアアップを目指そう』『給料の高い職場で働こう』等、ポジティブな動機もあれば、『今の仕事が絶望的に自分に合っていない』『人間関係が嫌だ』といったネガティブな動機での転職もあります。

しかし、どのような理由であれ、考えなしに挑むと『転職先が決まらない』という事態に直面するでしょう。

転職にするにせよ、ある程度目的と期間を設けて転職活動を行う必要があります。

転職先が決まらないままずるずると先延ばしにしてしまうと、人生として転職の機会損失となるかもしれません。

この記事では、そんな『転職が決まらない』という問題に対し、どうすれば転職先が決まるのか?という解決策について紹介していきます。

転職が決まらない人の特徴

転職活動を始めたは良いものの、気づいたら転職が決まらないまま1年ほど経過していたなんてこともあるようです。

転職が決まらずに長期化すると、『このまま決まらないんじゃないか…』と、焦りと不安が起こるのは当然ですよね。

ただ、そんなときは一度落ち着いて、なぜ自分は転職が決まらないのか、内定が取れないのかを考えてみましょう。ここでは、転職が決まらい人の特徴についてまとめます。

自己分析ができていない

転職をした後の自分のやりたい事へのイメージが全く形になっておらず、自己分析ができていないケースです。

自己分析をすることで過去の経歴の棚おろしができ、持っているスキルや経験、仕事の成果を明確にできます。

これにより書類選考や面接でのアピールポイントをはっきりさせることができ、自分に合った転職先選びがしやすくなります。

まずは自己分析を行い、転職活動の方針をはっきりさせましょう。

選考書類の書き方が悪い

書類選考を通過しなければ面接を受けることができませんから、履歴書や職務経歴書などの応募書類作成はとても重要です。

もちろん、学歴や経歴によって企業によってはスクリーニングされる場合もありますが、その一方で、応募書類の書き方が悪いために書類選考をなかなか通過できないという人は多いのも事実です。

よくある失敗が、書類にアピールポイントや経歴を書きすぎるという失敗です。アピールしたいことをたくさん書けば書類選考の通過率が上がるわけではありません。

むしろ書きすぎて内容がぼやけ、採用担当者は読まないケースもあるでしょう。

ポイントを絞って採用担当者に読まれる書類を書けば、書類選考も通過しやすくなります。

面接準備が不十分

転職活動で最も重要な局面が面接です。

面接の場で面接官に自分の良さをしっかりアピールできれば、採用されます。

面接準備とは、つまりは企業ごとの求める人材、企業ごとの自分のアピールの方法、そして志望動機など、企業研究がしっかりできているかがポイントです。

この時にアピールする自分の武器を把握するために、自己分析が必要になります。

相手の企業を良く調べ、どのような人材を求めているのかを冷静に分析して臨みましょう。

つっつん
つっつん
自分がどのような会社に求められているのか、そしてどのような市場価値があるのかは重要です。自分の市場価値を調べるこの「ミイダス」のサービスはオススメですよ。



理想と現実のギャップがある

転職先が決まらない理由の一つとして、転職先として理想とする企業と自分に合った企業とのギャップがあります。

転職先としてどのような企業を望むかは自由ですが、スキルや経験ないまま大きな企業へひたすら応募していたり、働きたくないからという理由で、残業がない、福利厚生が充実している企業など、条件が厳しい企業ばかりを選んでいると、転職が決まらないのは当然ですよね。

まずは、自分が企業選びで最も優先したいことは何か?そして、自分が持つスキルで選択できる企業はどこなのか?を把握しましょう。

常に受け身,主体性がない

採用面接に置いて、最もネガティブなイメージとなってしまうのは主体性がないことです。

現在では、転職サイトや転職エージェントなど便利なサイトがいくつもあり、比較的受け身でも転職先の情報が入ってくるようになっています。

しかし、実際の面接では自分と企業とのマッチングが大切です。その中でも受け身の姿勢を取っていると転職先が決まらないのは当然です。

自分の理想はこの企業に転職することで叶えられるのか、そして企業は自分に何を求めているのか?をまずは考えてみましょう。

元気がなくネガティブ

ある意味これは転職活動が長期化した人に起こりうることかもしれませんが、数々の転職面接であえなく撃沈してきた場合、精神的に消耗し、ネガティブになりうると思います

しかし、転職活動において企業の採用担当者はプロです。ネガティブな印象はすぐに感じ取られます。採用側の立場になってみれば、少しでもポジティブな人材を採用したいですよね。

あくまでも印象の問題ですが、少しでも採用確立を高めるために、常にポジティブシンキングを意識する必要があるでしょう。

にゃんこ
にゃんこ
中には転職自体が良くないことって考えている人もいるみたいだね。
つっつん
つっつん
確かに、以前までは『転職なんて…』と考える時代もありました。しかし、今となっては自由に自分のキャリアプランを形成できる環境が整っています。もし転職が悪いことだと考えてしまっている場合はこの記事も読んでみてくださいね。
転職は悪いこと?会社が転職を逃げとする理由!いつでも転職ができる姿勢を終身雇用制度は崩壊したと言われて何年もたちますが、いまだに転職をネガティブに捉える職場はたくさんあります。 「根性がない」「我慢が...

転職先が決まらないまま仕事を辞めると…

転職先が決まらない場合、タイミングが合わず先に仕事を辞めてしまう場合もあるでしょう。しかしそれは結果的に不利に働くケースが多いため、注意が必要です。

先に仕事を辞めた場合のデメリットまとめ
  • 1日のメリハリがつかない
  • 収入がなくなる
  • 焦りから冷静な判断ができず、転職を失敗する
  • 空白期間ができてしまい、転職に不利になる

一つ一つ具体的に見ていきましょう。

メリハリがつかずかえって転職活動が進まない

仕事を辞めると副業や家事、育児などをしていなければ、ほぼ一日フリーになって転職活動に専念できるように思えます。

そのため、仕事を辞めればすぐに自分に合った転職先を見つけることができると思えそうですが、実際は時間があるというのは不利に働く場合があります。

仕事を辞めてしまうと時間が限りなくあるように錯覚してしまいがち。

結果的に作業が進まないケースはよくあることです。

にゃんこ
にゃんこ
締め切りや納期が決まっていないと物事が進まないのは、人間の性格上そうなりやすいよね
つっつん
つっつん
一方で、仕事をしながら転職活動をすると、限られた時間の中で結果を出そうとするので上手くコトが進む場合が多いようですね。仕事をやりながら転職するほうがメリットが大きそうですね。

収入が絶たれる

実際問題として仕事を辞めると収入が絶たれますから、経済的な問題も出てきます。

ある程度の貯えがあれば退職をした後、自由な生活を送っていてもしばらくは生活に困ることは無いでしょう。

しかし、収入が無い場合、時間が経過するにつれてみるみる懐が寂しくなります。

ただ単純にお金が少なくなるならまだしも、収入がないままお金が無くなると、この先々の不安を感じるようになり、退職後のうつ病などの事例もあるようなので、注意が必要です。

焦って条件の悪い転職先に決めてしまう?

仕事をしていないと、金銭的にも将来的にも焦りが生じるものです。

周りの人がみんな仕事をしているのに、自分だけ仕事をせずに職探しをしていても良いのだろうか、いつまでこの生活を続けられるのだろうかと、精神的に不安定になる例もあります。

退職してしばらくはこの生活が続けられるのでしょうが、半年も絶たずして人生に焦りはじめ、急いで転職先を決めてしまうことが大半。

結果的に依然の会社よりも条件の悪い転職となってしまうことがあります。

空白期間が発生してしまう

また、転職先が決まらないまま退職してしまうと、必然的に『空白期間』が生まれてしまいます。

空白期間とはつまり、前職を退職してから現在までの「働いていない期間」の事。

この働いていない期間が長いほど、企業からの印象は悪くなるケースが多いようです。

つっつん
つっつん
空白期間があっても、ちゃんとした目的があって、納得させられる理由があれば問題ないみたいだよ。空白期間の言い換えについて紹介しているから参考にしてみてね
空白期間ありの転職で説明や言い訳すべき?上手に内定をもらう方法やコツ!前職を辞めてからしばらく仕事をしていないという空白期間がある場合、転職可能なのでしょうか? 空白期間があることでイメージが悪くなり...

転職期間の目安は?

転職期間の目安は気になるところですよね。通常より長期化するばあいは自分の転職活動を見直す必要があるように思います。

実際、転職期間の目安は3か月程と言われています。

全体としては、1カ月未満での転職が20%、3カ月未満が27%、6カ月未満が15%となっているようです。

3カ月未満での転職活動が最も多いようですが、この内訳としては、2週間~1か月で転職準備に入り、2カ月間をかけて応募や面接を行い、残りの期間で退職準備を行う流れになります。

もちろん、転職期間は人や職種、業種によって異なります。

そのため、『3カ月の転職期間』はあくまでも自分の転職活動を見直すタイミングとして考えると良いかもしれませんね。

つっつん
つっつん
ちなみに、会社を辞めようと思っていても実際には就業規則などによってすぐに辞めれないケースがあるよ。詳しくはこの記事で紹介しているよ。
仕事を辞めたい新卒が1ヶ月で転職する方法!タイミングやポイントは? こんにちは! 今回は仕事を辞めたい新卒が1ヶ月で転職する方法について記載します! 確かに、新卒1か月で辞める...

内定が出ない場合はプロに相談しよう

上記のように、最初に自己分析をしてアピールポイントや転職の希望条件をまとめ、書類選考や面接の対策をしっかりと行えば、内定を得ることができます。

しかし、転職については会社の上司や同僚に相談することは難しいですよね。

そのため、自分一人で転職サイトに登録し、自己分析や面接対策をする必要があります。

相談相手もいないまま、転職活動を続けるのは精神的にも体力的にも大変ですよね。

その場合に最もおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントに登録すれば、自己分析や書類作成サポート、面接対策などの転職サポートを受けることができます。

さらに、自分の転職ができるまで個別に担当者がつき、面談で過去の経歴や転職条件をヒアリングするなどサポートが受けられます。

つっつん
つっつん
面談で担当者のカウンセリングを受けるだけで自己分析ができちゃうから嬉しいよね。一人で転職に挑戦するよりもずっと楽になるよ!

そして、自己分析の結果を元にそれぞれの転職希望者に合った求人を紹介してくれます。

もし希望にあえば、企業への書類提出や面接日程の調整、転職希望者を企業に推薦してくれるなどの、多くのサポートを受けることができます。

仕事を続けながらの忙しい転職活動を、しっかりとサポートしてくれるでしょう。

転職がなかなか決まらない場合は一人で悩まず、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

まとめ

転職をする際には、できるだけ前職の仕事を辞めずに転職活動をすることをおすすめします。

仕事を辞めてから転職活動をしても、メリハリがなくなってしまい活動がダラダラと後ろ倒しになりがちですし、金銭面の問題や気持ちの焦りという問題が生じます。

また、仕事を辞めると空白期間が生じ、採用担当者からマイナスイメージを持たれるというデメリットもあります。

転職活動を成功させるためには自己分析や書類作成、面接対策がカギになりますが、一人でこれらを進めるのは難しいものがあります。

そこで、転職エージェントを活用し、転職のプロにアドバイスしてもらえば、内定獲得率を上げることが可能です。

ぜひ、転職エージェントに登録してみてください。

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ