給料・年収

【年収を上げる方法】給料低すぎ…転職で年収は上がる?

働いている人なら誰でも、年収を上げたいという思いがあるはずです。

年収が上がれば生活が豊かになり、もっと頑張ろうという意欲もわいてきます。

しかし、今の職場ではなかなか仕事を評価されず年収アップが難しい、でも転職して年収を上げるのはもっと難しいのではないか、と悩む人も多いでしょう。

では、具体的に年収を上げるためには、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、年収アップする方法についてじっくり考えてみたいと思います。今より年収を上げたいと考えている方は参考にしてみてください。

年収が少ないと自分のやりたいことが制限される

年収が少ないとどのようなデメリットがあるのかを、まずは考えてみたいと思います。

そもそも年収が少ないままだと、自分のやりたいことが制限されるという大きな問題があります。その結果、将来に向けての選択肢が狭まってしまうのです。

金銭的に余裕があれば、家を建てる、子供を良い環境で育てていく、老後に困らないように貯えをするなど、生活を豊かにすることができます。

また、旅行をする、レジャーを楽しむ、趣味に没頭するなどということも可能です。

にゃんこ
にゃんこ
確かに豊かに生活できるだけの年収があれば、人生における選択肢が広がるケド、ギリギリの生活だと自分のやりたいことがあまりできないよね。
つっつん
つっつん
長いスパンで人生を考えると、年を取るにつれてより高給が必要になるというのは自然な考え方ですね。

年を取れば家族が増えますから、お金がかかります。また、自分の老後に備える必要もあります。ですから、働く中でもっと高い年収を望むのは、正しいことなのです。

若いうちから年収を上げる努力をしてやりたいことができる環境を整えておくのは、長い人生を考えるととても重要なことと言えるでしょう。

なぜ給料が低いのか

では、なぜ今の自分の給料が低いのかを考えてみましょう。給料が低い理由がわかれば、給料を上げるための方法が見つかるかもしれません。

給料が低い理由
  • 自分のスキルが低く経験が浅い&アピールが足りない
  • お金を使いすぎている
  • 今の業界や会社の給与がそもそも低い

ここでは、大きく3つの理由を挙げますので、自分に当てはまる理由はどれなのか考えてみましょう。

自分のスキルが低く経験が浅いかアピールが足らないから

今の職場で良い業績を上げられるだけのスキルや経験がないと、高い給料を得ることは難しいでしょう。また、実力があっても上司に対するアピールが足らず、昇給できていないという可能性もあります。

しかし、この場合は仕事で良い成績を残してしっかり上司にアピールできれば、給料を上げるチャンスがあります。

にゃんこ
にゃんこ
でも上司にアピールするって難しいよね~
つっつん
つっつん
単純に気に入られることをするのではなく、仕事以外で資格を取得したり、職種によってはTOEICの点数を高めたりして、スキルを高めていくとアピールにも繋がりますよ

スキルアップのための努力をする、仕事をどんどんこなして経験値を高める、そして、昇級試験を積極的に受ける、上司にアピールするなどの努力をすることで、給料が上がるチャンスがあります。

お金を使いすぎているから

給料が低いのではなく、お金を使いすぎているだけという場合もあります。収入に見合っていない支出があれば、お金が足らなくなるのは当然のことです。

自分のスキルや経験に見合った給与をもらっているなら、一度、1か月分の支出を見直してみてはいかがでしょうか。

よくあるのが、保険料やスマホなどの通信料が高すぎるというケースです。補償が手厚すぎる医療保険などに高い保険料を払っているスマホで使っていないサービスのために高い料金を支払っているなどということがないか、確認してみましょう。

他にも、外食が多すぎないか、電気やガスを無駄遣いしていないかなど、支出全体を見直すことが必要です。

無駄な出費はないか確認したうえで、もう一度給与額について考えてみるのが良いのではないでしょうか。

今の業界や会社の給与がそもそも低いから

仕事のスキルや経験は十分ある、無駄遣いもしていないというのであれば、そもそも今の業界や会社の給与が低すぎる可能性が出てきます。

給与水準がもともと低い、または、残業代などの手当てが十分に支払われていないということはないでしょうか。

もしそうであれば、転職して年収アップを狙う必要があるかもしれません。

にゃんこ
にゃんこ
けど、転職したからといって給料が上がるとは限らないにゃ?
つっつん
つっつん
そうそう、実際には転職のタイミングや職種選びによっては給料が下がる場合もある。なので慎重にやるべきだね。転職で給料が下がる具体的な理由についてはこの記事で紹介しているよ。
転職で年収は下がる理由!下がっても転職すべき?慎重に決断しよう年収アップを狙って転職する人は多いですが、転職しても必ずしも給料が上がるとは限りません。 場合によっては給料が下がることもあります...

現職において昇給を目指す考え方も

にゃんこ
にゃんこ
給料が低いと感じる理由がなんとなくわかったにゃ。給料アップを目指すならは転職しかないのかな?
つっつん
つっつん
もし、自分のスキルや経験の無さアピール不足が原因で給料が低いのであれば、現職で昇給を目指すことも可能です。

高い年収を狙うと言うと転職を思い浮かべる人も多いと思いますが、まずは今の仕事において昇給を狙うのが先です。

努力次第で昇給できれば問題は解決ですし、努力しても昇給する見込みが無いのであれば転職する決断もできます。

 

また、現職で昇給するために自分のスキルや経験を見直す中で、自分の実力を正しく知ることができます。

自己分析ができれば、今の職場が自分に見合った職場なのか、もっと上を目指せるのではないかということを考え直すきっかけにもなります。

 

そして、現職で評価を上げることができなかった場合でも、この自己分析の結果を転職活動に活かすことができるのです。

転職すると年収下がる?

転職すれば年収を必ず上げることができるわけではありません。転職した結果年収が下がってしまうこともあります。

しかし、転職した時点で年収が下がったからと言って、転職が失敗だったとは限りません。逆に、年収が上がったからと言って転職が成功だったと言えないケースもあります。

ここでは、転職して年収が下がるのはどのようなケースなのかを考えてみましょう。

転職で年収が下がるケースまとめ
  • キャリアチェンジした
  • プライベートを重視した
  • 自分のスキルと企業側のニーズを正しく把握していなかった

キャリアチェンジした

一般的には、転職してキャリアチェンジすると、年収が下がるケースが多くなります。なぜなら、キャリアチェンジすると未経験からのスタートになるからです。

例えば、営業職で働いているが前からIT系の仕事に興味がある人がIT業界に転職した場合、最初はどうしても給料が下がってしまいます

しかし、資格を取得したり仕事の知識について勉強したり、毎日の仕事の中で経験を積んだりすることで、キャリアアップすることも可能です。

やりがいを感じられる仕事を選んだのであれば、キャリアチェンジ後のスキルを身に付けるスピードは上がるはずです。

このように仕事内容にやりがいを求めてキャリアチェンジすると、最初は年収がダウンします。しかし、長期的に見ると年収が上がっていたということもあるのです。

プライベートを重視した

年収が高くても毎日の仕事が激務だった場合、体を壊してしまうかもしれません。それではいくらお金を稼いでも意味がないでしょう。

劣悪な職場環境を変えるために、年収が下がっても家族や自分のための時間を取ることができる職場に転職する人もいます。

仕事がきつすぎる職場で働き続けて体を壊してしまうと、休職や退職となり収入が途絶えます。そうなるよりは、プライベートを重視した転職をする方が、結果的に良い判断になることもあります。

自分のスキルと企業側のニーズを正しく把握していなかった

自分のスキルや経験と企業側のニーズを正しく把握していないため自分に合った転職先を見つけられず、転職に失敗してしまう人もいます。

転職活動をする際には、自分の実力を正しく把握し、それを必要とする企業にアピールする必要があります

良い転職をするためには必ず必要なことなのですが、意外とできていない人が多いのです。

企業側としては当然、自社に必要なスキルを持った人材を採用したいと考えています。

ですから、企業側のニーズと転職者側のスキルがマッチしなければ、良い条件の転職は成立しません

狙っている転職先に上手く転職するために、まずは自分のスキルや仕事経験を正しく把握する必要があります。

自分がどのような人間なのか、どのような仕事ができるのかを具体的に把握しましょう。そして、企業側のニーズを正しく把握し、そのニーズに合った形で自分をアピールする必要があるのです。

つっつん
つっつん
自分がどのような会社に求められているのか。市場価値の把握は大事です。そんなときは、自分の市場価値を調べる「ミイダス」のサービスはオススメです。

高年収が見込めるように転職エージェントに相談しよう

では、企業側のニーズに合ったアピールをするためにはどうすれば良いのでしょうか。そのためには一人で転職活動をしようとせず、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントには、転職に関するプロフェッショナルであるキャリアコンサルタントがいます。彼らに相談することで、自己分析や企業研究などをスムーズに進めてくれるのです。

過去の転職実績や蓄積された豊富な企業情報、転職ノウハウを活かした転職アドバイスを利用することで、1人で転職活動をするよりも転職成功率が上がるはずです。

まとめ

若いうちから年収を上げておくことは、今後のライフプランを考えるうえで非常に重要なことです。

年収を上げるためには、なぜ今年収が低いのかを分析することから始めましょう。

その理由が、スキルが足らないからのか、支出が多すぎるからなのか、それとも、今の職場に問題があるからなのか考えてみてください。

スキル不足や支出の問題などではない場合は、職場に問題があるのかもしれません。その場合、転職することで年収アップできる可能性もあります。

転職で年収アップするためには、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職実績があるキャリアコンサルタントに相談することで、年収アップのためのサポートを受けることが可能です。

転職で年収アップしたいなら、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

全員登録すべきオススメの転職エージェント ランキング

転職を決意した時に転職サイトだけを登録される方が多いですが、やはり一人での転職は不安ですし、相談相手が欲しいですよね。

その場合は、大手エージェントに登録し、幅広い業界・職種の求人を扱うキャリアアドバイザーやコンサルタントと相談しながら今後のキャリアを決めていくのがオススメです。

転職エージェントにもそれぞれ特徴があるので、まずは登録だけしておき、自分に合う転職エージェントを見つけてみましょう。

今回はランキング形式で掲載してみました!

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。求人数がとにかく多いのが特徴。

非公開求人を多く扱っており、その数は約150,000件に及びます。この求人数は、業界最大級です。また、「リクルートエージェント独自サービス」があり、それが利用できるのも、人気の理由となっています。

オススメ度
求人数 20万件以上(2018年12月現在)
アドバイザー 仙人のキャリアアドバイザーが転職をサポート
コンテンツ AGENT Report、面接力向上セミナーなど多数

詳細ページ公式ページ

マイナビジョブ20’s

株式会社マイナビワークスが運営する20代専門転職支援サービス。東京、名古屋、大阪に登録拠点があり、年代に合わせた転職支援を行う。

最近はセミナー開催を広げており、初めての転職で悩んだら、一度は活用しておきたいサービス。求人数は1,500件ほどで、コンテンツの量が多く、全て無料で受けられます。

おすすめ度
求人数 1500件ほど
アドバイザー 20代の仕事の悩みに的確に答えてくれる専門アドバイザーが配置
コンテンツ 「適性診断」の人気が高く、自らの強みを見つけるのに効果的

詳細ページ公式ページ

ワークポート

株式会社ワークポートが運営する転職エージェント。IT業界に特化したエージェントで国内トップクラス。もちろんITだけでなく様々なジャンルの転職相談サービスを提供しており、紹介求人のほとんどが正社員求人。

20代は未経験からの転職も扱っている点がポイント。転職活動の進捗が管理できる「e コンシェル」サービスを提供。

おすすめ度
求人数 常時15000件以上
アドバイザー それぞれの職種に対して実務経験を積んだ人が担当に付きやすく丁寧
コンテンツ 「eコンシェル」と呼ばれるスケジュール管理システムが人気

詳細ページ公式ページ